このページは、『個人的な想像等を含めて ”歴史”を考える』のが目的です。
あくまで私個人の歴史観なので、真相判断は読者側で願います。


 日本と中国の近代歴史対比 
 1.清朝;西太后政権と 日本;明治維新の興亡   (1840~1911)
 2.新制”中華民国” vs 日本、ソ連、欧米の攻防  (1911~1928)
 3.満州をめぐる攻防戦(日中戦争) と 満州国設立  (1928~1934)
 ◆4.日中全面戦争突入        (1934~1940)
 ◆5.太平洋戦争に突入~日本敗戦、その後の各国  (1940~   )



  1.清朝(西太后政権)日本(明治維新)の興亡(1840頃~1911)
西太后時代(清国=英国侵攻後)~明治時代
日本黒船来航後)

  清朝建国 ~ 栄光の時代
 近代の日中関係を考えるには、この当時の《時代背景》から初めなければならない。
 清国(現;中国の前身)は、1616年に女真族(後に『満州族』と改名)のヌルハチにより建国が始まった。
 ヌルハチは明帝国とモンゴル帝国を征服して
新制 『清帝国』を発足させると、『愛新覚羅』姓を名のり、【女真】の呼称は 【満洲】と改名した。

 その後≪1600年代後半~1800年頃まで≫は、歴代 最も聡明な皇帝≪康熙帝⇒雍正帝⇒乾隆帝≫が3代続き、【1700年代後半=乾隆帝時代】は絶頂期に達した。 その頃、世界に冠たる≪大清帝国≫は、台湾を併合、外モンゴルとチベットを服属させ、黒竜江(アムール川)から東トルキスタン、チベットまで≪ほぼ現在の中国と同じ領土≫を確定していた。


 
 英国及び欧州列強の 清国への浸出
 しかし1700年代後半からイギリスに始まった産業革命は、西欧列国に、武器、産業、経済、政治等、あらゆる革命(異変)をもたらした。 中でもイギリスは、トラファルガー海戦でナポレオン軍に勝利すると、破竹の勢いで、世界中を植民地化していった。 
 ところが 乾隆帝(1711-1799)没後、誇り高い
清帝国の皇帝たちは世界の動きを解せず、紫禁城は連日、京劇など饗宴の舞台になっていた。 そこに遂に、英国が交易を求めて侵出してきた。

 所が軍事・政治経済、文化・・・あらゆる面で卓越した英国は、清国皇帝たちが交渉できる相手ではなかった。  忽ち、陶磁器や絹製品やその他の貴重品が 次々持ち出され、見返りに東インド会社の香辛料や
アヘン等が持ち込まれた。 勿論、貴重品の強制持ち出しや アヘンの強制輸入など・・・清国も望む筈がない。

 * ≪アヘン戦争(1840年)と その後の状態≫
 その不条理に対し、清国は抗議を申し立てたが、それを受け容れる相手ではなく、遂に、揚子江河口で激突した。 ”
アヘン戦争”である。
 清国軍は前世紀前の遺物の大砲を手漕ぎボートに積んで、何10門もの最新式大砲を装備した大型動力軍艦に立ち向かった・・・
!!!?。  勝負は言うまでもない。
 余談だが、この時の清国軍の隊長≪林則徐≫らは敗戦の責任を問われ遠島に処せられたとか・・・。
 それ以後も、英国は第二次アヘン戦争や、アロー号事件など・・・、武力を背景にした侵略を次々実行した。
 そんな矛盾の中で、清国内の内乱(”太平天国の乱”)も発生し清国内での収拾能力はなくなっていた。
 それを、ドイツ、フランス、ロシアなどの利権集団も 黙って見てはいなかった。 英国に続いて侵出し、上海周辺の要地は、欧州列強の【租界地】(都市の中の一部地域を外国人居留区として強制借用する)にされた。  そして何万人もの外国人居留民が住みついて《治外法権》を貫いた。 つまり清国人の土地財産は一方的に奪われ、奴隷扱い(同然)になった。
 こうして欧州勢は、清国の要所を租界地にして貴重品が持ち出され、しかし時の皇帝(=咸豊帝)は、紫禁城で京劇に明け暮れる以外、成す術がなかった。


故宮(紫禁城の一部)
 *≪紫禁城≫ 
  紫禁城は明朝時代1406年~に建設。 以後ずっと政治の中枢になった建物である。
 当時のものは焼失したが、後継の清王朝が再建し、清朝滅亡(1912年)まで宮殿として、皇帝の居住、兼 政治舞台となった。

 最後の皇帝;溥儀(=清朝滅亡j時の皇帝)一族は、清朝滅亡後も 紫禁城内に居住が許され、1924年まで居住した。
 その後、1925に改装され、毛沢東は紫禁城の城門 ”天安門”で、中華人民共和国の建国宣言(1949年)を行った。
現在は”故宮博物院”になっている。




  日本国内の状況(1) ≪黒船来航とその対応≫
  清国が、英国や欧州列強に侵略されていたのに対し、日本は、有史以来全く”戦(いくさ)経験”もなく平和を享受していた。
しかしそんな清国の惨状は、長崎に来航するオランダ船や、時おり近海に現れる異国船からもたらされていた。 それは日本にとって非常に幸運だった。 もし清国より早く黒船が来航していたら、恐らく清国と同じ様な惨状になったのではないか?・・・。


 *≪黒船来航と 日本国内の混乱≫

From Wikipedia ”黒船来航”
  しかし(清国より)約10年遅れて、(1852年)に遂に日本に ”黒船”が来航し、開国を迫られた。
幕府は、最新鋭の巨大大砲を突きつけられ恐らく戦々恐々として開国に応じざるを得なかった。
長州藩は、攘夷(弱腰な開国に反対)を貫いた。
薩摩藩は、欧米との協調(開国)を主張し幕府を補佐した。しかし後には長州藩と組んで倒幕に転向する。
会津藩と新撰組は、幕府への徹底忠誠を貫いた。
来日している欧州商人たちは利益目的で武器を売り、内乱の拡大に動いた・・・。
 ”黒船”を巡って幕府対長州の対立が激化する最中に、幕府の要人(阿部正弘)が急逝し井伊直弼が大老の座に就いた。 しかし井伊は、”黒船”対応を巡る混乱の中で 将軍人事を巡る対立から”安政の大獄”を引き起こした。 国内(京都)も薩長~幕府側(会津藩・新撰組)の対立は 3つどもえも4つどもえの、内乱状態に陥った。 

  ◆ 混乱の内情と 各々の行動
 この間の、各々の事情について少し考えてみると、
①長州藩; 皇家と組み ”尊皇攘夷”を貫き、幕府に徹底抗戦した。  三条実富ら過激派皇族は気勢をあげた。 皇家の主役である孝明天皇が幕府と協調(公武合体)に向かうのに対抗して、幕府側勢力(会津班、薩摩藩、桑名班等)と交戦(蛤御門の変)敗退した。  幕府と長州藩の対立は その後も続いた。

②薩摩藩; 藩主(島津斉彬)は西洋文化を採り入れの為 ”開国”を主張した。  佐幕派の立場だったので、長州と真っ向から対立し、薩長戦争も戦った。  しかし(島津斉彬没後)坂本龍馬が入って和解し、薩長協力態勢に合意した。 しかし佐幕の立場は、長州藩や岩倉具視(皇族)らに推し切られ?、明治新政府樹立(⇒倒幕)に転向した。  それは会津藩や新選組に対する真っ向からの裏切りで、双方の確執は(幕府崩壊後も)尾を引いた。

③安政の大獄; 混乱の最中に幕府要人(阿部正弘)の急死などで、急遽、大老職に成り上がった”井伊直弼”は、次期将軍に”徳川慶喜”を推す動きに異を唱えた。 そして対立する賢人たち(吉田松陰らも含まれる)を悉く処刑した(安政の大獄)。 しかし最後は井伊直弼も桜田門外で暗殺された。

④勝海舟; 彼は徳川幕府の役人だったが日本が生き残るには、開国は不可欠な世界状勢を説き、その対策として海軍の設立~増強策を説いた・・・。  
 それは有史以来、一度も海外攻撃を受けず、江戸時代以後~250年以上内戦経験もない、平和ボケした当時の人には理解は難しかった様だ。 しかし明治新政府樹立(=倒幕)に際しては、西郷隆盛との折衝で、大政奉還⇒江戸城無血開城に導いた。 勝の描いた海軍力増強のシナリオは、維新後も【富国強兵】策として貫かれ、日本の驚異的な軍事大国 ⇒(後の世の)経済大国へ発展の道が開かれた。

⑤坂本龍馬; 元々、土佐勤王党(尊皇攘夷派)で、”外国かぶれ”する 《勝海舟》と真っ向から対立し暗殺も計った。 しかし理路整然とした ”勝”の主張に説得されると ”勝”の片腕となって動いた。 海軍伝習所の設立に動き、究極的に ”勝”の思想をベースに、犬猿の仲であった薩長も和解させ、薩長協同して倒幕、明治新政府樹立に尽力した。 それは、幕府に忠誠な会津藩や新撰組にとって、薩摩藩(元佐幕派)の裏切りや、明治維新を主導する竜馬は真っ向から敵攻撃の対象になり、近江屋に滞在中に襲われて(30才直前、明治の幕開けを見ないで・・・)絶命した。

⑥徳川慶喜; 徳川幕府最後の将軍。 歴代将軍の中でも全体を見る目は聡明だった。 幕末最後の局面で、幕府存続をかけて争えば日本中が大戦乱になり、徳川家存続は愚か、恐らく日本が外国勢餌食になっていただろう。
 しかし彼は、明治維新政府に大政を奉還し、江戸城の無血開城を決断した。

⑦大政奉還; 一口に大政奉還と言っても、それは260年も続き健全に機能している幕府を自ら倒し、武士などの官職を全員失業させることだから、そんな【大決断】が実現したのは、日本史上『奇跡中の奇跡』と言える。 大政奉還は【勝海舟と西郷隆盛】の命がけの最終交渉でまとまったが、慶喜の心境はどうだっただろう・・・?。 もしこの『奇跡』が起こらなければ現在の日本はどうなっていたか分からない。

⑧会津藩;、新撰組と同じく、非常に幕府に忠誠を貫き、幕府体制を命がけで護ってきた。 しかし薩摩藩に裏切られ、幕府将軍(慶喜)にも置き去りにされ、・・・それでも幕府体制の護持を信条とする彼らは、明治新政府軍と”戊辰戦争”を戦い、新撰組は”函館戦争”という悲劇の戦いを貫いた。 敗戦後の戦士は陸奥や蝦夷地に移封され逆賊と呼ばれながらも酷寒地の開拓に勤しんだ。


 
 清国の内情 ≪西太后政権の誕生≫
 それは日本も清国も混乱の最中だが、清国では 1861年に 『咸豊帝』が崩御した。 その後 権力を握ったのは西太后だった。 しかし彼女は、帝位には就かず、幼児(同治帝・光緒帝)を皇帝の座につけて背後で操つる形で権力を行使した。
 当時の清国は、英国に侵略されてボロボロ状態だったが、彼女らに逆らったり反抗する者は次々と処刑、粛正するという恐怖政治で、清朝はその後 更に半世紀に亘って破滅を免れた。 

 ◇≪同治帝≫ 
 同治帝は、西太后 の生んだ子供だが 6歳で皇帝に即位した。   幼帝とは言え、即位すれば その一声で気に沿わない者は処刑される・・・という絶対権力をもつ。  西太后は、幼帝を操りながら、彼女に従わない者を次々と粛正した。  しかし、幼帝(同治帝)は、12年後に(1873年)に病逝してしまった。

 ◇≪光緒帝≫
 次の皇帝は;光緒帝(1871~1908)だが、彼が(僅か4歳で)皇帝になったのは西太后が強権でねじ伏せたのだろう。 西太后の実妹の子供なので、彼女は皇帝の伯母である(母ではない)。 それにも拘わらず、『皇太后』という座を固持し、以前にも増して恐怖政治を続行した。
 ◆ 西太后の恐怖政治

(
From Wikipedia ”西太后”)
 西太后の命令に逆う者は、【密告制度】により紫禁城内の役人も一般民衆も密告された。 そうして清国朝廷は、彼女に献策する人も、制止する人もいなくなった。
 西太后を取り巻く首脳部は、大清帝国 200年の栄光を胸に秘め、紫禁城は絢爛華美、贅沢三昧、連日京劇に興じていた。
 西太后の恐怖政治は、外国勢にボロボロに侵略されながら、清朝が生き延びるには仕方なかった(?)のかも知れないが・・・、ともかく、朝廷内部の分裂を防ぎ、清朝をその後約50年延命させたこと は評価すべきだろう・・・。
 【西太后】は、庶民出身だが紫禁城に入り、宮使いから時の皇帝(咸豊帝)の側室になった。
政治に才覚があるとは思えないが、咸豊帝が崩御すると、彼女の生んだ幼い皇子が皇帝に即位した。
 紫禁城は、『幼い皇帝に何千人もの宦官がひれ伏す・・・という』世界だから、幼帝を背後で操る女帝は絶対的な権力を得た。 そして思い通りにならなければ、益々残酷に統制して清朝を守り抜いた。
 それは、呂公雉(漢代=劉邦の正妻)、則天武公(唐代=高宗の皇后)と並び中国歴史上≪残酷女帝 3傑≫と称されている。



  日本国内の状況(2) 
  
    *≪明治維新以後の動き≫
 明治時代(1868 ~ 1911)は、西太后政権の誕生~清朝終焉まで(1861~1911)とほぼ一致する。
しかし日本は、勝海舟らのシナリオ通り開国~富国強兵路線をまっしぐらに進み、外国勢に侵略の余地を与えなかった。 その勤勉さは世界中でも類を見ない。 
 いち早く 軍事、政治、経済、文化など、進んだ制度を取り入れる為、多勢のを留学生を欧米に派遣した。 欧米からも大勢の技術者を招聘して鉄道やダム、発電所などのインフラや、軍需工場の建設や整備は最優先で進め、国民一丸となって連日過重労働が課せられた。
その他、人口増加政策や、あらゆる手段で兵士を募る一方、食料や軍需物資の生産、外貨獲得には製糸工場などもフル操業して ”富国強兵”策を支えた。 その裏では大勢の女工たちが肺病などに倒れた哀史も伝えられている。

 策戦面では、国内要所に鎮守府(=総合軍事基地)がおかれ、兵員教育や、兵器や兵力増強に力を注いだ。 呉鎮守府はその一つである。 呉観光ボランティアとして、『呉海軍や海軍工廠の歴史について』 詳述したいが、それは別報に回す・・・。

  * ≪~朝鮮出兵~≫
 しかしそんなに富国強兵策を邁進するには、食料も、労働力も、地下資源も、経済的にも成り立つ筈がない。 しかし成り立たないでは、清国と同じ運命を辿るしかない筈だ。
 そこで白羽の矢は
《朝鮮半島に出兵》 に立てられたのは極めて当然だろう。
しかし日朝は江戸時代から(朝鮮通信使など)友好関係にあり、征韓派と、慎重派の対立が起こった。 
 それは征韓派(=西郷隆盛ら)、慎重派(=伊藤博文ら)と聞いていたが、それには異論もある様だ。
 しかし日本は朝鮮に侵出すると、朝鮮国内でも混乱が起こった。 当時の朝鮮は【清国の従属国】の状態だったので、【清国】に平定を求め、それが【日清戦争】になった。 しかし日清戦争に勝利すると、朝鮮半島は完全に日本の支配下に入った。

  *≪欧米諸国と日本の協力関係≫
 欧米諸国にとって、日本は、武器、鉄道、電力、水道等、機械及び工場、インフラ建設、・・・軍事、政治、経済等の留学・教育等々・・あらゆる商品を大量輸入(購入)する。 その為各国にとって、日本は交易上絶好のお得意様だったから、清国とは対照的な関係になった。 それは勝海舟らの先見性を改めて認識すべきだろう。

 しかし勝海舟らのシナリオも、簡単に実現した訳ではない。 坂本龍馬は命がけで薩長を束ね、幕府は大政奉還という前代未聞の犠牲を払った。 維新革命には、会津班や新撰組の激しい戦闘とも戦い、多大犠牲のを払って奇跡的に成功した。
 それが出来たからこそ大した戦闘もなく日韓併合も成功した。 これらが全部成功したのは真に奇跡であって、もし一項目でも狂いがあれば、清国と同じ運命を辿っただろう。

    日清戦争(1894ー1895)
  西太后政権下に移っても、 外国勢の侵略は容赦なかった。 清国主要部(上海・南京、青島、香港、広東、等々)は欧州勢に、東北部(満州や遼東)はロシアが思いのまま侵入した。
 それだけではない。  (ひたすら延命に走るだけの)清国は、日本の軍事力にも歴然とした”差”がついた。それでも、『弱小国』と見下していた日本 の台頭は、まだ気づかなかった。

 朝鮮半島は以前から清国の属国になっていたが、清国の国力が衰えるにつれ、朝鮮内部でも清国から独立派が、清国依存派と対立し、加えて日本の侵入もあって混乱が拡大した。  その平定の為、清国軍(李鴻章=北洋艦隊)が朝鮮に出動した(1894年)結果、日本軍との交戦になった。

 北洋艦隊は、世界一流の装備だったが、日清戦争の最中にも拘らず 紫禁城では西太后の還暦パーティーが盛大に催されるありさま。 清国軍の軍紀はゆるみ・・・、維新以来 徹底訓練を重ねてきた日本軍と対戦できる相手ではなかった。
 この戦いで清国軍は、民間人を装って、英国商船で兵員輸送を試みたが、東郷平八郎はそれを見抜いて攻撃した。 日本軍は海戦に留まらず、陸路も敗走する清国軍を遼東半島まで追撃した。  金州城外(遼東半島)では肉弾戦(次から次、弾薬が切れるまで兵士が飛び出してくる戦法)に苦戦したが、戦いは日本の勝利で終わった。


当時の清国朝廷は、
『まさか
!?、あの属小国(日本)に破れるなど !?・・・』
予想だにしなかっただけに、ショックは大きかった。

写真/図; 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


     ← 日清戦争の航跡

    連合艦隊旗艦松島 →

  * ≪~日清条約~≫
  敗戦した清国には、日本から、遼東半島と台湾の割譲要求が突きつけられた。
しかし日本の動きに不快なロシア、フランス・ドイツの反対で、遼東半島の割譲は阻止された。
遼東半島は、ロシアにとっては不凍港を求めて侵出していた要衝地である。 日本にとっても(ロシアが侵出してくれば)折角獲得した朝鮮半島が、再び奪い返され兼ねない。
 遼東半島は日露両国にとって重要な地点であるだけに、この処置は、日露間に深刻な確執がが生まれた。 それは10年後≪日露戦争≫となって再衝突することになる。

 しかし、清国は、遼東半島以外にも、次の様な極めて屈辱的な要求を呑まされた。
   ◆ 日清戦争講和条約の主な内容は
1.清国は 朝鮮半島から手を引く(=日本の支配下に移す)
2.清国は 台湾・澎湖諸島を日本に譲渡する。
3.清国は 賠償金2億両(約3億円)を金で支払う。
日本は、期せずして台湾が領有でき、朝鮮の実質支配も固まり、富国強兵路線は一層勢いづいた。    
      


    * ≪~日韓併合と 安重根事件~≫
 朝鮮半島が支配下に入ると、朝鮮人徴用工が日本各地に徴用され、ダム建設や工場建設、工場労働などの過酷労働につき ”富国強兵策” に如何に貢献してきたか・・・?、我々日本人は それを考えなければならない。

 それでも当時の朝鮮には堅い身分制度があり、一部最下層の平民には(日本の侵出を)歓迎する者もいた・・・と聞いている。 しかし全体的には(日本への)反感が激化し、交渉の為(日韓併合慎重派の)伊藤博文が派遣された。 しかし伊藤はハルピン駅構内で
安重根に射殺された(1909年)。
 勿論、安重根は日本軍により処刑されたが、朝鮮出兵(日韓併合)にお墨付きを与える形になった。
 以後、日韓併合条約が結ばれ(正式に植民地?)となった(1910=明治43年)。
 【日韓併合(植民地化)】は、この『安重根事件によって成立した』とする人もいる様だが・・・、それ以前に、朝鮮人をどんなに蔑視し、差別をしていたか考えないのは視野が狭すぎる・・・。

 【安重根】について、
 韓国や中国では、
安重根は、死を覚悟で敢然と日本に立ち向かった英雄”と崇められ、最近、ハルピン駅に【安重根記念館が建設されたと聞いている。
 しかし安倍政権=菅官房長官は、『安重根は 日本の特使を射殺した≪テロリスト≫だ』 と決めつけて不快感を示した。
 しかし、朝鮮人にとっては、日本の特使(伊藤博文)は、朝鮮半島を支配しようとする《敵国の領袖》である。 それに対する警備は万全だったのか・・・なども考えず『
テロリストと決めつける』 のは了見が狭いと思う。
 《安重根記念館》は日本の侵略を宣伝するプロパガンダ(誇大宣伝)の意図はあるとしても、双方がもっと広い視野で建設的な話合い努力をする方が《積極的平和主義》ではないか・・・?。  







   清国民衆の改革運動

 * ≪
~ 義和団事件 ~≫  (1900)
 この頃、清国を侵攻する連合国は(米、英、独、仏、伊、露、日)となっていた。 彼らは清国の要所に侵出し、住民の土地・財産を強奪しては租界地を設けた。 清国民は反抗すれば命が危ういという奴隷状態におかれた。
堪りかねた民衆は、瞬く間に
【外国人排斥運動】を全土に巻き起こした。 各地で(”義和団”という)団体が結成され、大々的な反乱があちこちで起きた。 西太后は、この運動を支持したが、所詮 民衆運動が 武器装備の連合国軍に対抗できる筈もない。 容赦なく殺戮され清国には更なる賠償金が要求された。


  *≪孫文らの改革運動(1900頃~ )と 光緒帝の幽閉≫
 そんなボロボロの国政を見かね、康有為、孫文ら知識人は改革に立ち上がった。 しかし改革運動家も次の2派が、敵対関係になって一丸にはなれかった。
  ①倒清派(=
清朝を倒して民主的な共和国を打ち立てる⇐ 孫文派)
  ②保皇派(=
皇帝(清朝)を残して法制度を改革する)

 しかし、清朝(西太后)は両派とも認めず、一切の集団、結社、人々の会合も禁止し、違反を見つければ処刑などに処した。 その為、改革運動は、遅々として進まなかった。 
 そんな折、注目すべきは、光緒帝(前述)が成人し改革派(保皇派)に興味を示したことだ。 しかしそれも朝廷役人の袁世凱に知られ、西太后に密告されてしまった。
 西太后は、身内中の身内、清国最高位の”皇帝の謀反”には大変ショックだった。 だが皇帝と雖も認めることはできず光緒帝は 幽閉された。
 そんな事情で、孫文らの改革運動家たちは海外で活動した。 航空路線もない時代、孫文は、ハワイと日本を拠点に、清朝政府の追手をくぐりながら、香港や広州、アメリカ、ロンドンを 船便で何度も往復した。 正に命がけの活動で実効は遅々としてあがらない。 


   日露戦争 (1904ー1905年)
 当時の予想は、ロシアと日本の軍事力差は、大企業の重役と平社員の権力差ぐらいだろうか?。 だから ニコライⅡ世は日本を親善訪問し、広瀬武雄らはロシアに軍事留学して指導を受けた。 『日露の開戦は米英を利するだけ・・・』と、日ロ親善交渉も続いていた。 それが ”日露戦争” に至った経緯について・・・、

    ◆ 
朝鮮・満州国境における日露の睨み合い
  その頃 ロシアと日本の関係は、つい数年前、ニコライⅡ世は日本を訪れ、広瀬武雄はロシアに軍事留学し、共に親睦を深めあった仲だ。 ロシアも日露戦争の為に軍事留学を受入れた訳ではないだろう。 況んや小国日本が、超大国ロシアと交戦など(日・露双方)誰も思っていなかっただろう。
 しかし超大国ロシアは、既に満州に進出し、旅順、大連まで鉄道を延ばし堅固な軍事要塞を築いていた。 更にシベリア鉄道との連結・増強工事が完成すれば、要塞は盤石になる。

  それは《朝鮮半島の支配堅中の日本軍》から見れば、折角手にした朝鮮の横取りされてしまう。
 そんな矢先、ロシアから 『満州は ロシアの支配下とする。朝鮮半島の北部は中立地帯とし軍事目的での利用は禁止する』という提案をしてきた。
 それもロシア国家の意向ではなく、旅順師団長が独断で日本を挑発したという説もあるが・・・、『(小国日本は)反抗できないだろう !!』と タカをくくっていたのではないか・・・?

      ◆ 日露戦争の直前交渉~国交断絶  1903 - 1904
 日本側は、妥協案として『朝鮮半島は日本、満州はロシアの支配下に置く (=満韓交換論)』を提案した。 しかし、ロシア側は、それを認めず初期のロシア案どおりの主張を貫いた。
日本側では、それでは朝鮮を奪われてしまう。 現在進行中のシベリヤ鉄道の強化工事が進めば、一挙に軍事輸送力が増強される。 開戦になるならその前でなければならない。 日英同盟も締結していたので相当強気で交渉したのではないだろうか・・・
、1904年(明治37年)2月、国交断絶を宣言した。

 但し、それは単に日露間の事情である。
 もっと重要なことは、背景にある世界各国の利権や思惑が絡む応援団の存在だ。
 つまり、
①英米仏は、
 ロシアは、ヨーロッパで不凍港を求めて南侵作戦(英国植民地へ侵攻)を展開しており、
満州や朝鮮にも勢力を広げれば、世界中の権益が独占されるので、日本と戦って、【ロシアが弱体化すること】を望んだ。 
②ドイツは、日本が強くなれば中国での権益が奪われるので、【日本が負ける】ことを望んだ。
③ロシア(本部)、『日露の争いは英米を利するだけ・・・』と日露親善の努力をしていた。 しかし旅順師団は 、朝鮮半島を北上し目の前で進撃して来た日本軍は排除の必要があった。
④日本(政府)、(戦前予想では)勝ち目のない戦争を、好んで決断した訳ではない。
しかし
朝鮮派遣軍は、旅順・大連に要塞を築くロシア軍に、朝鮮半島が奪い取られることを強く警戒していたのではないか。
 
日本内地でも、日清戦争の勝利に浮かれる政治家や国民世論や、日英同盟も・・・交戦を煽っていたのではないか・・・。

    ◆ 日露戦争の経緯
 
【バルチック艦隊の回航/シベリア鉄道の増強工事】
 日本が国交断絶を通告すると、ロシアは旅順艦隊増援の為、バルチック艦隊を回航した。
この両艦隊が合流し、シベリア鉄道(シベリア~旅順)の増強工事も完成すれば、日本軍は極めて戦況不利になる。日本軍には期日が延びることに余裕はなかった。
 ◇日本陸軍は、即刻、旅順要塞攻撃に踏み切り(乃木希典・児玉源太郎)は”203高地”を制覇した。
 ◇日本海軍(広瀬武雄ら)は、バルチック艦隊と旅順艦隊の合流を阻止すべく、”旅順湾口封鎖作戦”を敢行したが失敗に終わった。
 ◇しかし”203高地を制覇した陸軍が ”の眼下にある旅順要塞と旅順艦隊を壊滅状態にした。

 そして日露戦争の最終決戦(日本海海戦)では、
東郷平八郎率いる連合艦隊は、対馬海峡で ”バルチック艦隊”を待ち受け、秋山真之の丁字戦法や日ごろの訓練を駆使して撃滅、完勝した。
 ロシア(”バルチック艦隊”)にすれば、黒海艦隊は航路が英国植民地に囲まれて動きがとれず、遠路バルト海からバルチック艦隊を回航されたが、英国が管理するスエズ運河が通れず、喜望峰廻りで英国植民地への寄港も制限され、長躯対馬海峡に現れた時には、兵士たちの士気は落ちていた。 しかも交戦時は波が高く砲撃も命中率が低かった等の不利もあり、バルチック艦隊は壊滅状態という完敗に終った。

 【旅順湾口封鎖作戦】、【旅順203高地攻防戦】、【日本海海戦】など模様は、ここでは記事の主旨からは離れるので省略するが、(司馬遼太郎 ”坂の上の雲”etc)に詳しく著述されている。 


   ◆ 
日露戦争に勝利した日本のその後
 日本の勝利は世界にとって奇跡的な出来事だったが、満州のロシア軍はバラバラになって敗走し、日本は破竹の勢いで侵出を開始した。 そして満州を支配下に入れると、更に強力に軍国化に向けて一層拍車がかかった。
日本軍は更に、満州占領 ⇒満州を基地にして⇒ 中国本土へ侵攻・・・と、中国本土を(太平洋戦争終結まで)40年間 侵攻し続けた。


   ◆ 日露戦争に敗戦したロシアのその後
 ロシア側から見れば・・・発端は、ロシアの旅順師団長が、本国の決議を得ず独断で日本を挑発した(という説もある)。 そうだとすれば、ロシア本国には、『日本が突然 国交断絶を宣言したのは不当な裏切り』 と映ったかも知れない。
 そして『日露戦争は”不当”だから』(日露戦争がなければソ連領土になっている筈?の) 『我が国北方領土の領有を合法化』 しようとする。
 しかし、もし日露戦争がなかったなら(と仮定すれば)、満州は(永久に) ロシアの領有となり、日本の現在の発展もあり得ないだろう・・・。
 北方領土だけではない。 朝鮮も、北海道の一部もロシア領になった可能性だって否定はできない。
 しかしそんな水掛け論になればエンドレスになる。 北方領土問題は両国にとって最も合理的に利益を産み出す方法を見つけて政治決着することしかないだろう。

 ともかく【日露戦争】による【ロシアの屈辱や憤慨】は、とても私たちが想像する様なものではない。 弱小国(日本)の裏切りにより、アジア進出の生命線である満州を失った・・・のみならずヨーロッパ戦線も後退せざるを得ない。 ロシア国内は 10年余り悲劇的な混乱状態が続き、難産の挙句に末、新制【ソビエト連邦】が誕生した(
ロシア革命)。
 それには、親日派だったニコライⅡ世は 家族諸とも処刑され、後を継いだスターリンは(何百万人もの)反体制派を粛正しなければならなかった。
 そして、その後も満州と朝鮮半島奪還に執念を燃やし毛沢東や金日成を支援し続けた。


   溥儀の即位~清国の滅亡まで

  *≪清国皇帝
『溥儀』 の即位≫ (1908年12月)
 日露戦争から3年後、西太后に幽閉されていた光緒帝が逝去すると、その日の中に、溥儀の家に使いがきて、『溥儀を第11代皇帝に指名する』と告げられた。  溥儀は まだ 3歳である。  ちなみに『溥儀』 は光緒帝の甥にあたる 。 溥儀の父(=醇親王)は光緒帝の弟である。

 3才の溥儀が清朝皇帝に即位
!?!?!?・・・溥儀一家は想像だにしていない。 しかし西太后の命令に有無は言えない。 (映画【ラストエンペラー】では)驚いて溥儀は泣き出し、祖母は卒倒し、醇親王(溥儀の父)は おろおろするばかり・・・。 紫禁城に入った溥儀は西大后と対面して 第11代皇帝(=宣統帝)が即位した。 そして怪物(西大后)はその翌日亡くなった。
 それにしても話しができ過ぎの感じだが・・・。 『西太后は死期を悟って、幽閉されていた光緒帝に毒を盛り、溥儀を皇帝の座に着かせて、翌日没した・・・』ということか
??? ともかく溥儀が皇帝に即位した。

 実質的な政務は溥儀の父(醇親王)らの手に移り、紫禁城は相変わらず≪3歳の皇帝に3,000人の臣下がひれ伏す≫という儀式が続いた。   しかし即位から 3年後、清朝は滅亡(1911年)した。 
滅亡は、西太后という柱を失った為とみるか?、西太后政治手法の行き詰まりとみるか?・・・ともかく溥儀は≪最後の皇帝=ラストエンペラー≫で【清朝】は幕は閉じた。 

 
孫文
(From Wikipedia)

  *≪孫文による辛亥革命と 清朝滅亡≫(1911)
 改革運動家たちは、『一切の集団、結社、会合が禁止され、密告されれば直ちに処刑される』 という弾圧から逃れ、海外で活動してきた。

 孫文は、日本(東京、神戸など)とハワイを拠点にして、追手をくぐりながら、
香港や広州、アメリカ、ロンドンを 、何度も命がけで往復した。 活動家たちは 10数年間、何度も蜂起したが、悉く失敗し多くの仲間が処刑された。
命がけの改革運動(倒清運動)は、苛酷な弾圧をくぐり抜けながら、日本から資金や武器などの支援を受け、遂に清朝制覇に成功した(1911年)・・・≪辛亥革命≫である。
 そして”孫文”を初代臨時大総統とする新制≪中華民国≫が誕生した。

 それに伴い、溥儀は退位後、しばらく紫禁城に居住が許された。  しかし20年後には日本軍の策謀により
満州国皇帝に祭り上げられて、数奇な運命に翻弄されることになる。



  感 想 (私の歴史観)

 
 ≪清帝国 と日本の明暗≫
 18世紀(西暦1700年代)後半、産業革命により
”英国は”、軍事力、経済力が突出的な強国になった。
それを背景に、世界中に侵出し植民地化していった。
 清国も、1800年代の初頃は世界の冠たる国家だった。 それは康熙帝⇒雍正帝⇒乾隆帝と聡明な皇帝が続いて築き上げ、莫大な富を築き上げていた。 しかし後継の皇帝は、産業革命に伴う世界情勢には全く無関心で享楽に呆けていた。
 それを突いて英国や欧州諸国やロシアが侵略してきたから、急には手の施しようもない状態に陥った。
そして一旦、主導権を失うと、その後100年以上、(現在まで100数十年以上)容易に正常な軌道に乗れないのが現在の中国ではないだろうか?
 それに引き換え日本に ”黒船” が来航したのは、アヘン戦争(清国)の12年後(1852年)だった。 
 その情報から、勝海舟、薩摩、長州その他の賢人たちが開国のシナリオを練り、それを坂本龍馬は 命がけで実現させた。 そして明治維新改革が成ると、”富国強兵”の大号令を、国民が一丸となって貫き通した。
しかもその全てに主導権をもって、絶えず新知識や技術を蓄積ができた。
しかも敗戦時の地租改正により、地主も小作人も【利権構造】がご破算にできたことで、現代日本は築きあげられた。

 それと対照的に、西太后は、外国勢にボロボロにされながらも、
清朝の延命に成功した。
 と言っても それは体制の延命を目的に【
利権構造】を益々堅固にする施策であって、それが半世紀も続いたのだから軌道修正だって容易ではない。

 それは現在の日本に当てはめれば、1990年(平成初期)頃までは 世界でもTOPの経済大国で活気があった。
 しかし、政治家も、官僚も、役人も、企業も、・・・政策を忘れて、奢り狂い、裏金をむさぼり・・・、遂にバブルになって崩壊した。
 その後 失われた25年、国の借金は増殖に増殖を続けても、【利権構造】は頑なに変らない。 あれだけ”脱原発”が叫ばれても、政権は、”原発の縮小目標”は示せない。  選挙制度も、最高裁判決で違憲状態と言われても、『改革とは程遠い微調整』に留まるの が普通だろう・・・。  現状維持方針は”西太后政治” と変わらない・・・。
 ”西太后政治” が何を招くか?・・・(政治・経済・軍事・あらゆる面で遅れ)は、新生”中国”に移行後も海外勢に侵略され続ける悲劇 に繋がり、 100年以上経た現在も、まだ尾を引いている・・・。
 逆に、日本の【明治維新】という奇跡的大改革の恩恵は150年経た現在でも『国家的潤い』の原動力になっている。 つまり、政治的貧困は 『100年後の歴史で証明される』 と言うこと・・・。


 
 ≪日露戦争の発端と、敗戦したロシアのその後≫
 日本では、日露戦争の奇跡的勝利を美談化し、秋山真之や広瀬武雄らの活躍は英雄として語られている。 しかしちょっと美談化され過ぎではないか・・・?。
 当時、広瀬武雄らはロシアに軍事留学し親身に教育に受けた。  ニコライⅡ世も、日本を親善訪問し ”親日” を通し、日ロ親善交渉も続いている最中に、国家間の戦闘に発展したのはなぜか・・・?。 恐らく
(国家ではなく)日ロ両軍が接する朝満国境での交渉で、【日英同盟をバックにする日本側当事者の強気】と、【日本を過小評価したロシア側の奢り】がぶつかり合ったのだろう(想像)・・・。  

 当時、ロシア側の軍事力は、『満州、朝鮮半島、北方四島はおろか北海道も領有できる』 ぐらい強力と見られていた。 それが(ロシアの)ライバル国=イギリスと結んで突然”国交断絶” を宣言するという変身で、旅順・大連・満州全土も、一瞬に奪われてしまった。 正に青天の霹靂、その上下の損益差を考えると それは甚大だ。
 ロシア国内は大混乱状態がつづき、【ロシア革命】により新制
【ソビエト連邦】が建国された時は、親日派のニコライⅡ世は一家族もろとも処刑され、スターリンは 何100万人も粛正するという莫大な犠牲を払った。 
 そして執念で、日本に奪われた満州と朝鮮半島を奪還しようとして、毛沢東、金日成を支援し続けた。■


  この続き 2.新制”中華民国” vs 日本、ソ連、欧米の攻防 (1911~1928)




 日本と中国の近代歴史対比 
 1.清朝;西太后政権と 日本;明治維新の興亡   (1840~1911)
 2.新制”中華民国” vs 日本、ソ連、欧米の攻防  (1911~1928)
 3.満州をめぐる攻防戦(日中戦争) と 満州国設立  (1928~1934)
 ◆4.日中全面戦争突入         (1934~1940)
 ◆5.太平洋戦争に突入~日本敗戦、その後の各国  (1940~   )