【総括項目 Item in June 】
6/02 Mon 〜 06 Fri ≪蓮 花 (台南県白河) , 井田嬢送別会
6/07 Sat 〜 13 Fri ≪雨の1週間 , 気になる議論 ≫
6/14,15 Sat,Sun ≪落着かない休日・・・
6/16 Mon 〜 27 Fri ≪落着かない週日・・・
6/22 Sun ≪ 漸く !!,久々のフライト !!
6/23 Mon 〜 Fri ≪退職者見送り,暑い日々・・・
6/29 Sun ≪高雄市内紹介 ・・・


  6/02 MON〜 06 FRI
-
6/04 WED≪休日(端午節)・・・≫ --

♪ 【 蓮 花 (台南県白河)・・・ 】
--
台湾 今日は 端午節(旧暦 5月5日)の休日。 Ivy 黄さん一家に誘われて蓮花見学に出かけた。
今は,時期的に少し早かったが,満開の時期には沢山の人や車で混雑するそうだ。


♪ 【 ドラゴンボートレース (愛河)・・・ 】
 紀元前300年 腐敗政治の策略に掛かって,川の中に身を投げた楚の政治家 屈原の伝説。
魚などに食べられない様に 漁民らがドラなどを打ち鳴らしながら 捜索したという伝説とか・・・。
中国の故事にちなんで,台湾国中,否,香港でも中国でも・・・, 端午節(旧暦 5月5日)に催される。
今年もあちこちの川で催行された。
≪但し,私は観戦に行かなかったので去年の写真≫

ドラゴンボート レース



6/06 FRI≪井田嬢送別会・・・≫ --
 もともと中国語を学ぶことが 台湾に来た主目的とは,チョッと信じ難い。 でも,そういうことで 3年の勉学を終えたので 間もなく帰国するそうだ。

私は3月 ”六順山,七彩湖キャンプ” の時が初対面だが,山岳部員達は他にも 何回か 一緒に山登りしている。
彼女は私たちの会社とは 無関係だが,その美貌は我社の山岳部員 10数名の全員をひきつけた。
 帰国理由は @台湾では 中々好い人が見つからないからとか,A日本で婚約するためとか・・・,本人は両方を否定している・・。 しかし,その正誤は不明・・・。


6/07 SAT 〜 13 FRI
 ≪雨の1週間 Rany week・・・≫ --
梅雨入りは先月からなのに,これまで雨が殆ど降らない。
台湾の各ダム水位は最下限まで下がり,水不足を心配していた所だが,漸く昨夜(6/06)夜半から本格的に降り出した。
と同時に 今日(6/07)はもう高雄県や,屏東(ピントン)県を中心に道路などの浸水が報道されている。

そしてこの天気はある時は激しく降ったり,曇ったり,時に薄日が差したりしながら基本的には雨模様が6/13(金)まで1週間続いた。

 
≪気になる議論 ・・・≫ --
≪自衛隊の海外派遣問題・・・≫
- a.日本人は イラクにはアメリカやイギリスなどの軍隊は必要と考えるのか,不必要と考えるのか。
- b.それともアメリカや イギリス軍は必要だが,日本の自衛隊派遣は憲法上問題ありと考えるか。
現実に日本の自衛隊は防衛費という名目で 毎年莫大な予算を費しているし,≪日本国内での解釈は知らないが≫世界で屈指の軍隊規模になっている。
・・・ この現実は誰も認めざるを得ない。
この事実を重ね合せて考えると 日本の選択肢は次の何れかだと思う。≪続きあり≫

≪デフレ対策・・,『需要が減っているのだから,需要を増やせばよい・・・』 ??
麻生太郎先生はよく ≪驚き≫をかう発言をされる人の様だ。
一体,需要はどうやって増やすのだろう??≫ - - -これが 一番の 問題なのに・・・。
多分先生の考えは(具体的には言わないが) インフレターゲットとか,
かってと同じ様な≪景気対策予算≫のバラマキ出動だろう・・・。 ≪続きあり≫

≪デフレ治療・・・,『肺炎治療が先か, 糖尿病治療が先か・・・』 ???≫
日本が今打つべき対策は≪構造改革≫か,それとも≪景気対策≫かという議論のスリ替えである。
肺炎は栄養を十分とり,緊急治療しないと致命的だ。 しかし糖尿病には栄養を控えねばならないが,緊急に致命的という訳ではない。 こんな例えで この両方を患っている
日本は,・・・≪続きあり≫


-----------以上の続き-- - See ≪”気になる議論・・・


6/14 SAT,15 SUN
≪落着かない休日・・・≫ --
まだ梅雨が開けていない。 しかし,最近晴れの日が増えた様な気がする。
この土日,高雄は晴れている・・・が,サイチャには行かなかった。
しかし,気になって何度もサイチャの当りを眺めるが,山は雲に覆われている・・・。

≪もし,私がサイチャに行っていたら≫去年の経験から・・・,昼過ぎの肝心な時間にスコールが来て「ハイ ・・ 散会 !!」のパターンだと思う。
≪でも,行かないで高雄にいると≫
高雄の天気が好いだけに『案外 皆,飛んでいる様な気がして・・・』 すごく 落着かない。 ・・・ いっそのこと雨が降ってくれる方が気分的に ウンと楽なのだが・・・!!
この土日は 両日とも同じ様な日だった。

6/16 MON 〜 20 FRI --------- --
 ≪落着かない週日・・・≫ --
この所,SARSもあって 4月には日本帰国が延期になり,休日のアウトドアー 頻度も減った。
それに5月から 梅雨入りし,もっと多くの休日をアパート及び周辺の散歩程度で過している。
パラグライダーも,もう1ヶ月半 飛んでいない。

 私は自分自身が そんなにアクティブタイプとは思っていないが,それでも こうなると,
気分的に圧迫感というか,劣等感というか・・・一抹の不安感が残り,何をしても好い考えが出ない。
仕事をする時も何か気分が集中し難い。
インターネットを開いても 目的と好奇心をもちながら開く時の気分とは全然違う。
ホームページのアップロードも,気にはなるが・・・中々気乗りがしない。

 こんなのは やっぱり一種の精神障害だと思う。
やっぱり週休 2日,≪休日を充実して過すことの大切さ≫を 今更の様に感じている。
 しかし,最近は 家に篭りっきりで毎日 パソコンばかりを趣味にする若者もいると聞く。
リストラ等でそんな余裕のない人,日本式超サービス残業や仕事を家に持ち帰らざるを得ない人,体調を崩して思う様に活動できない人 ・・・,色々な人のことを考えると我々の場合状況が変れば すぐに元に戻れるのだから,チョッと 気分が贅沢になり過ぎているのかも知れない。

 ≪Rany week ・・・≫

 今週も雨の日が多かった。 時には昼間でも辺りが 暗くなり,すごい雨粒が降った。
車はライトを点灯しながら 走行する。

 ≪6/20 送別会 ・・・≫
 日本人エンジニアの一人≪4年8ヶ月 我社で働いていた が退職≫し 間もなく日本に帰る。

 
6/21 SAT,22 SUN
 6/21(土) パラグライダーは,もう長い間 飛んでいないので無性に飛びたい !!
早朝私のアパートからサイチャの山がくっきり見えた。 しかし,10時頃から 山は次第に雲に包まれていくのが観察できた。 フライトは可能かも知れないが・・・,
でも,私が行けば肝心な頃にスコールが来る様な気がして今日も高雄に留まることにした。

 6/22(日) ≪ようやく !!, 久々のフライト≫
梅雨は開けた様だ。 昨日に続いて今日も好い天気だ。
でも,朝天気が好くても,昼過ぎには急に入道雲が湧いてスコールが来る←去年の経験)
それと・・・,私にとって残念なことは,いつも一緒に行く kenny(陳)さんは今度は 博士号 挑戦のため,猛勉強中ということで約1年間は フライトに行けないという・・・。 ウーン,でも仕方ない。
台湾には,私の会社でも仕事をしながら夜間は大学に通い,マスターコースやドクターコース等の学位をとる人は結構多い。 全体的な学歴レベルは日本よりも高い。

 そんな具合で 今日もサイチャに行こうかどうか迷ったが・・・, しばらく飛んでいないので,耐えきれずタクシーで行った。
しばらくぶりに通る サイチャへの道は懐かしくもあり,(前回に比べ)木の葉や雑草が 茂っていることで間隔の長さを感じた。
 * * * * *
 今日は ぶっ飛びでも何でも とにかく 一度 飛べば 安心する。
しかし テークオフに着くと,天気は好いのだが 風がどうも定まらない。
ブローを狙って テークオフすればできないことはない。 でも・・・ぶっ飛びしかできないだろうし・・・,それに誰もテークオフしないから 『一度降りると もう 中々上がって来る 車がないだろう』と考えるとやっぱり欲が出て,しばらく Waiting した。

 14:00頃 少し曇ると同時に 好い風が入ってきた。 早速 10機ばかり テークオフし皆 順調に上げた。
その中の一人は私だが,約 10分後, +200mぐらいで順調に上げていた時,無線で 少しガヤガヤ言い出した。
しかし,私は中国語が分らない。 でも状況から考えあまり気にせず 上昇していると,英語で
” Okata san,Don't fly !!. Go down !! と 伝えてくれた。
『えぇ?, 何故? こんなに好いコンディションなのに ?? 』と 問い合わせたら,『間もなく雨が降る・・・』という。
『だって空は明るい・・・。もし雨が来れば前方の 雲のない所へ逃げれば好いではないか・・・』と思ったが 皆 翼端折りしてランディングに向かっている。
私も 一先ず翼端折りで高度をTOレベルまで下げ, 一人だけ名残り惜しそうに飛び続けていたが,少し大粒で,まばらな雨が降り出した。

 雲の切れ間まで行ったら ランディングには帰れない。
屋根も何もない所に下りても,そこに降らない保証はないし・・・,帰って来るのはもっと大変だ。
いざ雨が降り出した時,最初の考えの浅はかさに気づいた。
『やっぱり どしゃ降りになる前に急いでランディングすることしかない〜ぃ・・・』 。
そして,私は一人
≪雨中ランディング≫という醜態を観衆に曝した≪総フライト時間 20分≫。

 雨が上がった後,グライダーの乾燥を兼ね再フライトしたが,今度は全くのぶっ飛び状態だった。
そんなフライトでも飛べただけで私の気持はずっと落着いた。
そして,雨あがり後,再び 輝いた夕陽の色と,夕陽に照らされ黄金色に輝くサイチャの風景は ・・・私には始めて見る美しさだった。

≪写真上/下≫ 久方ぶりサイチャ風景。 - 天気も好い,視界も広い・・・(テークオフより)
* * * * *
≪写真上/下≫ フライト開始時は少し曇り始め・・・,雨あがり後,再び 輝いた夕陽と,
夕陽で黄金色に輝くサイチャの風景は ・・・私は始めて見る美しさ (ランディング場)。


6/23 MON 〜 27 FRI
≪今週の話題・・・
【退職帰国者見送り・・・】--


我社は親会社は 日本なので全社員 約 600名に対し10人あまりの日本人がいる。
その中の一人のエンジニアが退職して 帰国することは先週 書いたが,今週6/25(水)も 日本人だけのグループで送別会を催し,6/26(木)に帰国した。
退職してしまえば,何時でも会えるといっても限度がある。
特に,空港のゲートから出た時は 転勤の時より以上の寂しさが込みあがる・・・。


これとは関係ないが,我社では 7/01付では 会長も社長も・・・交替することになっている。
 ♪ 【暑い日 ・・・! !】--
梅雨開けと同時に 空は青空に変わり昼間の陽射しは ヒリヒリする。
高雄では まだそれ程のスコールは来ないが, 夕方のスコールがなければ,日本の夏と同じぐらいむし暑い夜になる。
それと,高雄は北回帰線のほぼ真下にあるので,今頃 12時の太陽は・・・,日本では信じられないぐらい本当に真上にあって,何十階建ての高〜い建物の影が全く投影されない。


6/28 SAT, 29 SUN
6/29【高雄市内の紹介・・・】
この土,日も高雄の天気は好かった。
サイチャのコンディションは気になるが,去年の経験から考えタクシーで行こうという気にはならなかった。 - - -

写真は高雄市内(市街地)を散歩しながら撮った。
86階建てビル≫=高雄市内どこからも目印になる
下,川岸は≪愛河≫=両岸一帯は公園になっていて,ランタン祭りやドラゴンボートレース開催時は身動きのとれないぐらい大勢の人や出店も開かれる。

最下段≪城市光楼≫=市中の公園は暑い昼間を避け毎日夕方から夜遅くまで沢山の人が集まってくる。 --

7 月 5 月