このページは、『個人的な想像等を含めて ”歴史”を考える』のが目的です。
あくまで私個人の歴史観なので、真相判断は読者側で願います。




☆☆☆ 瀬戸内物語(呉湾中心とする歴史編) ☆☆☆
  風光明媚な多島海は、往古より遣隋使や遣唐使船が通い、水軍系氏族が活躍し、戦国時代には村上氏ら海賊衆が支配した。 江戸時代には北前船や、各藩の廻船や参勤交代の大名など、人、物、文化、情報の大量輸送経路として、華やかな江戸文化を全国に伝搬させた
 しかし幕末、
黒船来航後、平和な多島海は佐幕派や、攘夷派や、外国商人も加わって多量の武器などが行き交い、最新鋭の大砲などを装備した動力船も通過する海に急変した。 そして明治時代に入ると、富国強兵策を旗印に、怒濤の勢いで軍事基地機能も強化されていった。
 その流れで、呉には海軍鎮守府が置かれ、軍港と共に海軍工廠も整備され、日本海軍の戦艦や大砲など武器弾薬がフル生産され、兵士の移動も年を追う毎に盛んになった。
 そして日清、日露〜太平洋戦争には中心的出撃基地となり、呉鎮守府は日本海軍(連合艦隊)の中枢を担っていた。 その貴重な歴史跡は、現在、日本遺産に指定され保存されている。

 こうして戦時中に培った超高度科学技術は、終戦後 平和利用に転じ、呉市一帯は有数の重工業地帯に飛躍した。 そして戦後70年経た現在は、瀬戸内各地でも歴史遺産や、文化芸術的イベントや、世界に誇る絶景スポットもすっかり整備され、観光客の来訪を手ぐすね引いて待っている。


瀬戸内海の起源
 テレビその他から得た知識では、何千万年か前までアジア大陸と日本列島は地続きだった。 その頃の瀬戸内海は低湿地帯だったと見られ、海底からステゴドンやナウマン象の化石が多く発見されている。 その後火山活動などの造山運動や沈降を繰り返し、氷河期が終わると(1万年位前)海面上昇により、現在の多島海が出来あがったと見られる。
 瀬戸内海で最古の人類は、呉市の情島で1万数千年前の石器が発見されたと聞いている。



遣唐使船 
瀬戸内海航行の歴史(奈良時代以前)
 日本と大陸の航行は 小舟での移動(漂着)は有史以来始まっていた様だが、記録としては3世紀頃『魏志倭人伝』に記されているという。 どんな舟でどんな航海術で渡海していたのか?・・・勉強不足がもどかしい。
しかし7世紀(飛鳥時代)には外国使節が瀬戸内海を航行して入京していた。
 白村江の戦(663年)にも幾万もの兵士が瀬戸内海から百済に渡った。 その際、『熟田津に船乗りせむと月待てば 潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな』(万葉集;額田王)は、現在三津浜港(松山市)で詠んだとされている。

 7〜8世紀頃には遣隋使や遣唐使船は、100余の人員と水や食料を乗せて摂津国の住吉津から出発した。
 遣唐使船は、倉橋(呉市)で造られたと言われ、倉橋には(実物大の再現船)が展示されている。 それを見れば、当時の驚く程高度な造船技術を窺い知ることができるが、併せて『造船歴史館』も是非見学する価値がある。 倉橋では、この木造船造りの伝統が最近まで引き継がれてきた。
 また、瀬戸内海には、海の守り神として住吉大神を祀る神社も各地に建立された。


瀬戸内海の水軍(海賊衆)発祥と経過
 島と島の狭間は潮流が速く、所によっては渦巻いて流れる。 瀬戸内海の潮流は満ち潮は東西から福山方向に、引き潮は逆に東西に分散して太平洋に流れる。 その為”鞆の浦”は往古から汐待ちの重要な港町として栄えていた。
 しかし、当時の帆船や櫓船にとって、瀬戸内海の潮流を乗り越えるのは容易でなく、平安時代頃から往来が増えるにつれ、自然発生的に水先案内業が出現した。
それは次第に水軍系氏族の活躍場となった。 忽那水軍は11世紀に藤原親賢がこの地に配流されて”忽那”姓を名乗ったのが始まりで、忽那諸島各地に城を設けた。 水軍系氏族は瀬戸内海の方々で通行舟の水先案内?、それとも金品強奪か?、潮流に翻弄される船を見張り、次第に海賊行為も働く様になった・・・。
 平安時代末期、平清盛は海賊征伐を行い 時の朝廷(白河法皇)の信頼を厚くした。 そして音戸の瀬戸開削、厳島神社の改築、・・・それに海外にも目を開いて福原(神戸市)に南蛮貿易の港を開いた。
 【壇ノ浦の戦い】では、源義経は瀬戸内海各地の水軍を集めて平家を滅亡させたが、その主力は忽那水軍だったと聞いている・・・。 鎌倉時代から戦国時代には、忽那水軍は伊予国の河野氏の配下についた。
 芸予諸島(=”しまなみ海道一帯”)でも、因島出身の村上氏が水軍衆(海賊衆)を組織した。

 
木津川の戦い
今治市村上水軍博物館(NHK TV) 
戦国時代の水軍(海賊衆)
 戦国時代に入ると、水軍衆はそれぞれ有力大名と結び、海を ”いくさ場” として活躍の場を急拡大した。
 
@村上水軍本家(=因島村上水軍)は毛利軍と与して【厳島の海戦(1555年)】を戦い陶晴賢軍を殲滅した。
 村上系氏族は、
A能島村上水軍、B来島村上水軍も共に毛利家と与して、【木津川口の戦い(=1576年〜石山本願寺派と織田信長の戦い)】でも信長軍と勇猛果敢に戦った。 しかし最後は信長軍の新兵器(=鋼鉄船)に敗れた。

 その後は、能島村上水軍(村上武義)は秀吉に恭順を示さず衰退したが、他の各村上家は秀吉側に恭順して四国征伐に加わり、河野氏(及び配下の忽那水軍)を没落させた。
 そして村上水軍は、芸予諸島を本拠にして瀬戸内全般の覇についた。 瀬戸内海水軍史を知るには、水軍城(因島)や能島水軍博物館(宮窪)や宮窪瀬戸潮流体験などは、是非観光価値の高いスポットである。


風待ち潮待ち港町・・・・・・・・・北前船(千石船)
江戸時代の瀬戸内航行
 しかし江戸時代に入ると瀬戸内海は平和な海に変貌した。
 江戸時代には戦はなくなり、海賊業(強奪)も形を潜め、急激に経済活動が活発化した。 そして物流が盛んになると、河村瑞軒は日本海側の産物を京・大坂方面に大量輸送する《北前船》の航路を開発した。

 航路開発と言っても、瀬戸内海各地に沢山の港を開き、『風向きや潮流などで漂流する船を見張り、発見すれば直ちに救援できる様にした』 ということではないか。
 それにより瀬戸内海は ”沖乗り航路”、つまり大型船(”千石船”等)が広い海を最短コースで航行出来る様になった。 そして 1670年頃からは日本海側の産物が、西回りで京都や大阪に、瀬戸内海の産物も日本海側各地に、大量輸送される時代になった。 そして日本海沿岸や、やがて太平洋沿岸、やがては北海道、樺太を含む日本全国にも次々と港が開かれた。
 それは、瀬戸内海の各港々は風待ち、潮待ち、積荷の売買等で活気づき、そこには”茶屋”(遊郭)が開業し、繁華で雅びな港町文化が醸成されていった。 船による大量輸送は (北前船以外にも)各藩の廻船などの発展を促し、以後200年に亘って年を追う毎に隆盛となり、瀬戸内海は、食糧、日用品、雑貨や、参勤交代の大名や、日本中の情報や文化や民謡などの輸送経路となって、全国で華やかな江戸町文化が開花した。

      
 『北前船の集まる港町;御手洗』 参照

江戸時代の漁業事情
 江戸時代には地引き網や船引き網漁、手繰網漁、現在も鞆の浦で行われている鯛網漁、帆走しながら網を引く打瀬網漁、豊島(呉市)周辺では【あび漁】などの漁法が行われていたという。
 瀬戸の島々をとりまく潮流は複雑で、小魚が集まる海域はギラギラ輝く水面に群集する漁船がシルエットとなり、船頭たちの舟歌が島々に遠聞こえしていた。 その音戸の船歌は、現在、日本三大舟歌として伝わっている。
 各地様々な漁法は瀬戸内海のみならず日本中で交換され、大物を狙う一本釣り漁なども全国で発達したという。
 海には生け簀が仕掛けられ、朝鮮通信使一行の千人を超える賓客をもてなした。 生け簀は、後には船にも装備され高級魚が生きたまま運ばれた。 広島カキも関西に流通していたという。



幕末の異変
 ◆◇
黒船来航〜幕末の混乱
 そんな江戸港町の繁華も、瀬戸内海ののどかさも、黒船来航(1852)を機に、急変貌していった。
元寇の役(13世紀)以来、外国からの攻撃は一度も受けず、平和を謳歌していた日本には、黒船は天地動転の脅威だった。
 当時の世界は、「弱肉強食」秩序に則り、 スペイン、ポルトガル〜フランスに代わって、産業革命に成功したイギリスが世界中を植民地化していた。 その波は中国(当時;清国)にも及び、アヘン戦争やアロー号事件などの壮絶な惨状がオランダ船を通して日本にも伝わっていた。

”黒船来航

 それが遂に日本にも《黒船来航》して 、開国と交易を求めてきた。 そして想像すらしなかった大型動力船から強力大砲を突き付けられると、
@幕府は戦々恐々として開国を認めざるを得ず、不平等条約や治外法権も、次々結ばされた。
しかし
A長州藩はそんな『幕府の弱腰では日本全土が奴隷にされてしまう !! 』 と、一部の皇家や公家と組んで、敢然と《攘夷・倒幕》に立ち向かった。
 しかし
B幕府は 新撰組や会津藩(松平容保)ら佐幕派の忠臣各藩を京都(=京都所司代)に送って抑圧しようとした。
C薩摩藩は、当初幕府側について開国派だった為、長州藩とは激しく対立していた。
Dそんな混乱に乗じて、グラバー(イギリスの商人)などは敵味方双方に武器・弾薬を売りつけて戦の拡大を煽り、京の街は一触即発の戦乱状態に陥った。

 ◆◇ 薩長和解、〜明治維新への流れ
 それを厳しく憂いた坂本龍馬は、『黒船を前にして薩長が争っている場面ではない・・・』と説いて、薩長を和解に導き、共に
倒幕明治新政府の設立』を目指した。
 この薩摩藩の転向は、幕府や佐幕系諸藩への叛意であり、坂本竜馬は明治になる直前に暗殺された(近江屋事件)。
しかしその後の【鳥羽伏見の戦い】で、薩長は 『錦の御旗』を掲げて優位に戦い、慶喜は江戸に退散した。 最後は西郷隆盛と勝海舟の和解により、⇒幕府(徳川慶喜)の大政奉還⇒江戸城無血開城⇒明治新政府発足という大改革が成し遂げられた。
 しかし、どうしても恭順できない新撰組や会津藩は(梯子が外され)尚も(戊辰戦争や函館戦争等で)激しく抵抗したが、やがて鎮圧された。


 ◆◇ 瀬戸内海の航行
 それは瀬戸内海の航行にも慌だしい変化をもたらした。 和帆船(千石船や300石船など)に混じって汽帆船や、大砲を装備した大型動力船など・・・次第に様々な洋船が航行する時代に変わった。
 長州藩や薩摩藩、攘夷派や開国派や佐幕派などの人や物、外国人商人の武器弾薬を運搬船、最新鋭の軍船などの往来も急増し、長崎港から瀬戸内海を経由して横浜港へ航行する外国船も現れた。
 そして関門海峡では、遂に長州藩との武力衝突(=下関戦争1863・1864)が起こり、列強国(英仏蘭米)艦隊の最強力大砲が火を噴いた。 続いて長州と幕府の砲撃戦(1864・1866)も引き起こされた。 鳥羽伏見の戦い(1868)にも、薩長連合軍や援軍輸送には瀬戸内海航路が利用されたのではないか?。

 


日本海軍増強と瀬戸内(呉湾周辺)風景

 ◆◇日本海軍創設
 話しは《黒船来航時》に遡る。 日本が要求通り”開国”すれば、危惧は欧米の植民地化である。 その対抗策として、勝海舟(幕府方)は、(開国は前提で) 欧米に匹敵する海軍創設を提唱していた。
土佐藩出身の坂本竜馬は、当初攘夷派で勝海舟とは対立していたが、次第に《勝》の理路整然とした理論に惹かれ、以後《勝》の片腕となって海軍伝習所開設に奔走した。
 それには松平春嶽ら有力賢人に応援を求め、兵士は幕府に従順だった瀬戸内の塩飽水軍の水夫等が集められた。幕府から、練習艦として観光丸(オランダから寄贈)を振出しに、咸臨丸、朝暘丸も新造された。


 ◆◇ 明治時代以後の ”日本のシナリオ”
 明治時代になると、勝海舟らのシナリオに沿って(?)海軍増強・富国強兵政策一途に猛進した。 軍事、政治、社会、教育、銀行等の諸制度や文化面も含め・・・あらゆる面で進んだ海外制度を採り入れる為、大勢の留学生を派遣した。 鉄道網を始め、日本中の軍需工場、鉱山開発、道路やダム、発電所建設などインフラ工事も急ピッチで進めた。 
 ちなみに鉄道は明治5年=新橋〜横浜の開通を皮切りに、明治22年=神戸、明治24年=青森、明治34年=下関まで開通・・・明治末44年頃には本州日本海側や九州・北海道を含む日本全土に延伸されていた。 
 海軍についても、新たな制度で海軍鎮守府の設置が決まり、横須賀、呉、佐世保、舞鶴に施設が順次竣工・開庁に漕ぎ着けた。 呉鎮守府は明治19年に設置が決まり、明治22年に開庁した。

 ◆◇ 文明開化の時代 ”洋館建て家屋”
 この時代は、富国強兵、文明開化の波に乗り、あらゆる欧米文化が輸入された。
明治末期から大正、昭和初期にかけて各地に、レンガ造り建屋街、神戸の異人館街など斬新な洋館建て家屋が建ち並び、文明開化は大衆の目にも顕著になった。

神戸異人館街 (旧)呉鎮守府司令長官宿舎
(入船山記念館展示画) 
洋館建て民家
 
 ◆◇瀬戸内海の航行船舶
 明治時代以後、船舶も一本柱の和船に混じって、洋式の汽帆船や、鋼鉄製の軍艦が行き交う時代になった。 呉鎮守府も開庁(明治23年)後、太平洋戦争の終戦まで、呉軍港周辺海域は年を追う毎に軍事色で賑っていたことが想像される。

 商船も 郵便汽船三菱会社(後の日本郵船)と共同運輸会社(後の商船三井)が熾烈な顧客獲得競争を演じ、新鋭鋼鉄船も日増しに数を増した時代である。
 当然、瀬戸内海の港湾施設や陸上施設の整備も急速度に進んだだろう。 そんな風景は当時の人の目に どう映っただろう?。
 その後も、商船や客船や軍艦など瀬戸内海の航行船舶数は増え続けた筈だ、大正時代には阪神・別府間などの観光航路が開設された。 その一方では呉湾周辺から安芸灘・柱島沖にかけての海域は、次第に軍艦や輸送船団などが行き交う ”艦船銀座” に変貌し、それは太平洋戦争終結まで続いたと想像される・・・。


 呉鎮守府
 ◆◇呉鎮守府の開庁

 長崎に海軍伝習所が開かれて以後、欧米の文化や諸制度を習得して明治政府は、1886年(明治19年)「海軍条例」により全国に四つの海区を定め、各海区の軍港に鎮守府が置かれた。 その一つが呉鎮守府で、建築工事が大部分完成した1890年(明治23年)に、明治天皇臨席のもとで開庁式が行われた。 呉海区は、紀伊半島〜瀬戸内海〜九州東海岸〜四国全周面を所管した。

レンガ造りの建物
呉鎮守府庁舎(現自衛隊総監部)


呉は;海軍の街に一変
(入船山記念館展示画) 

 呉が鎮守府に選ばれたのは、(当時 航空機の無い時代)外国からの攻撃防御を考え、瀬戸内海沿岸の適地として選ばれた為で、「海軍兵学校」や日本最大の造船施設など日本海軍にとって最重要施設が設けられた。 同時に瀬戸内海の島々の山上には、敵艦防御の為、砲台が設置された。 その砲台跡は、一部が今も保存されている。

 鎮守府組織には参謀部・造船部・兵器部・建築部・・・などが置かれ、海軍工廠(工場群)も急ピッチで建設・整備された。
造船ドックも建設され、
1894年(明治27年)には第1号艦 ”宮古”の起工から始まり、太平洋戦争まで(40数年間)に、”長門”や”赤城” を含む 100幾十隻もの艦船が建造された。

 海軍兵学校は、1885年(明治18年)築地からも江田島に移され、その第1期生は白瀬武夫が、翌々年には秋山真之も主席で卒業し、日清・日露戦争には東郷平八郎の配下で大活躍した。
 後には山本五十六ら海軍トップを続々と輩出、太平洋戦争終結時まで(半世紀以上)君臨し世界3大兵学校に数えられている。
 現在は海上自衛隊(幹部候補生学校及び第一術科学校)になっているが、そこでは海軍兵学校当時の歴史が見学できる。

 ◆◇呉市の発展
 呉市の人口は、元々の住民に加え、鎮守府や工廠等の施設建設に携わる人、工廠で働く人、教育する人、訓練を受ける兵士、商業サービスを営む人など(最高時40万人まで)急膨張し、一挙に活況の街に変貌していった。 平地の少ない呉周辺は、高い崖にも住居が建てられた。
 海軍工廠(工場群)は日増しに増強され、呉湾には出撃や凱旋の軍艦群や 《はしけ》が夥しく行き交い、市電も明治42年(1908年)に開業した。 呉市街は人で溢れ、連日提灯行列やお祭りの様な風景が想像される。

 


 日本近代化に当たっての課題と解決策
  華やかな江戸時代末期、平和ボケ状態の日本に、突如「黒船」が来航し、弱肉強食の世界へ門戸開放(開国)が迫られた。 それに対し時の先人達は、開国条件として「喫緊の近代化と富国強兵」の道を選んだ。 それは、鉄道も発電所も工場設備も、あらゆる工事も、鉱工業拡大も、ドイツ製やイギリス製の機械や技術や資材を大量輸入し、【施行、操業、軍事力増強】も同時進行させると言う、世界史上も例を見ない大改革だったが、しかし明治新政府は驚異的迅速に成し遂げ、欧米諸国にとって絶好の”お得意様”になっていた。

 
◆◇所がその裏には・・・大きな疑問がある
 つまり《
そんな大事業を、そんなに急速に進める労力や財源》は、何処からどう捻出したのか?・・・だ。
勿論、あらゆる方面に手は尽しただろう・・・。 その一つは”生糸”が好評で大量生産・大量輸出に力が注がれた。 富岡製糸場(群馬県)など各地で大規模設備を建設し生産した。 その輸出には氷川丸(現在横浜港に係留)などが活躍した。 しかしそれで超膨大な費用や労力が賄える筈がない。
  『朝鮮半島にも目が向く』のは自然の成行きだろう。 朝鮮とは、朝鮮通信使や大陸文化の移入など恩恵は深い。 しかし欧米と対等につきあう(植民地化回避)には・・・、征韓論/慎重論の確執はあったが、結局、朝鮮半島に侵出した。



 日清戦争と呉鎮守府の航跡
  当時の朝鮮は、清国(現;中国)の配下にあった。 しかし清国は欧米列強の侵略で国力が低下すると、朝鮮国内は「親清国派」と「独立派」が対立し、それに日本も侵入して混乱状態に陥った。 その平定に清国軍が出動した結果、清国軍と日本軍の衝突となった。
日清戦争(明治27年=1894)である。 この戦いでは敗走する清国兵を遼東半島(大連近く)まで追い、敵方の激しい人海戦術(肉弾戦)に苦戦したが、日本は勝利した。

 日本の作戦行動は連合艦隊により実行されたが、東郷平八郎(=連合艦隊司令長官)や、幹部も海軍兵学校出身者など、呉鎮守府が主役だった(?) 正岡子規は従軍記者として戦場に派遣され、負傷兵も呉海軍病院で療養したと聞いているが、ともかく呉鎮守府開庁から 僅か数年後の快挙だった。
 これにより、『朝鮮半島と台湾も(清国から)日本の支配下』に入った。 そして朝鮮半島からは、資源、食料、人的資源(兵士や現場作業者等)の確保と、併せて日本領土同様の軍事拠点となった。


日露戦争への流れ
 ◆◇日英同盟
  こうして朝鮮半島が支配下に入ると、また次の問題が発生した。
当時の満州は、清国の領土であり ”張作霖” が統治していた。 所が張作霖は ロシアの支援を受け、ロシアには鉄道の敷設と旅順に堅固な要塞を築かせていた。
 それは日本から見れば、折角手にした朝鮮半島を奪い取る為の要塞に他ならない。 しかし超大国ロシアは、とても日本が刃向かえる相手ではない・・・。
 所がロシアは東ヨーロッパでも南下して、英国の多くの植民地が脅かされていた。
そこに日英間には 経済的にも友好状態にあり、期せずして”
日英同盟”が締結された(明治35年=1902)。 それは現代版”日米安保条約” と云うべきか?・・・、しかし20年後に破棄され、40年後には敵味方となって熾烈な戦争を演じるのだから・・・軍事同盟は、互いの事情が変化し利用価値のなくなった時が怖い。


 
旅順湾沖の日本艦隊
(周防大島;陸奥記念館展示)
 ◆◇日露戦争に 呉鎮守府の果した役割
  朝鮮半島支配は、日本にとって米英の植民地戦略から免れる為の生命線である。
 しかし満州に先入して、折角獲得した朝鮮半島に睨みを効かす 《超大国ロシア》は、何としても看過できない。
 日本は日英同盟を結んでいたので、【
日露間の事前交渉】に、相当強気で臨んだのではないか(?)、交渉は決裂し遂に開戦となった。

 日露戦争については、陸軍は『二〇三高地〜旅順港攻略戦等』を戦った。 海軍は『旅順湾閉塞作戦や日本海海戦』で、旗艦”三笠”の艦上での 東郷平八郎や秋山真之、広瀬武雄らの英雄的活躍が ”坂の上の雲”(司馬遼太郎)に詳細に描かれている。
 作戦行動は連合艦隊の指令で実行されたが、連合艦隊の中で 呉鎮守府は最右翼の座にあったのは間違いないだろう。

 しかしその裏で武器弾薬、情報提供やバルチック艦隊の回航妨害など、英国の協力を無視しては語れない。
結果として超大国ロシアに勝利した日本は、破竹の勢いがついた。 直ちに満州に侵入し、やがて”満州国”を建国し、それを基地にして中国大陸の奥深くまで侵略(日中戦争)に弾みをつけた。

 ◆◇ ロシアの立場
  しかし、それはロシア側から見た《日露関係》 も考えねばならない。
その数年前まで、日露は非常に友好関係にあった。 ニコライU世(当時の皇帝)は親善訪日し、広瀬武雄らはロシアに軍事留学していた。 日本と協力して東南アジアへの進出を考えていたか(?)、・・・いくらロシアでも日露戦争の為の軍事指導ではなかっただろう。

 所が日本は、よりによって英国と同盟を結び、対抗姿勢(日露戦争)に転じ、完敗した事実を、ロシア国内では何と受け留めただろうか・・・??
 ロシアは、その後”第一次世界大戦” にも巻き込まれ、ドイツ・オーストリア軍に圧され国内は大混乱に陥った。 そして『ロシア革命(1917)』により、新制社会主義国 【ソビエト連邦】が誕生したが、その時ニコライU世は 家族諸共処刑され、スターリンは何百万もの人を粛清した。
 


仮泊中の連合艦隊1924年
(周防大島;陸奥記念館展示)
日露戦争以後の満州と瀬戸内海と呉鎮守府
  ◆◇満州の地堅め〜満州事変
 以後、満州及び中国大陸での軍事行動は陸軍(関東軍)に移るが、海軍も物資や兵員輸送等の陸海軍の協力関係は続いたと見られるのでもう少し触れておく。

 日露戦争での多大な犠牲と引き換えに、朝鮮半島支配が強固になり、満州も支配下に入った。 食料も資源も乏しい日本には、真に王道楽土だった。
 しかし満州の地は、元々清国(中国;蒋介石政府)の領土であり、清国人(中国人)もロシア人も大勢住んでいた。 それにソ連軍も執拗に満州再支配を企て、その脅威は尋常でなかった。 そこに関東軍が侵入して日本国内と同じ様に支配しようと云うのだから・・・、激しい反日・抗日抗争が起こり、中国全土にも飛び火した。 そんな情勢下でやっと手にした王道楽土の平定には、関東軍は一刻たりとも手は抜けなかった。
 それで練り出されたのが、ちょっとした抗争を口実にして 『
相手を徹底的に破滅することで、関東軍の脅威も見せつける』という戦略だった。

 ◆◇満州事変の勃発(=柳条湖事件)
 そうして関東軍が最初に実行したのは、満州事変を勃発させることだった。
参謀;石原莞爾は、1931年9月、奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、南満州鉄道の線路を爆破した(=柳条湖事件)。 それを『中国側の張学良らによる破壊工作だ』と即座に断定して、全満州攻略を断行した。 そして翌日には奉天、長春、営口の各都市も占領した。 奉天市内では爆弾を投げ込み、(中国人の仕業だとして)出兵する口実を作り・・・、そんな手口で、わずか5ヶ月で満州全土を平定した。 それは史上 まれな大成功だった
!!

 勿論、中国側ではなく、関東軍が仕組んだ
≪でっち上げ事件≫だが、露骨な侵略行為は、中国全土の大規模な抗日運動は一層激化し、欧米諸国や世界中からも日本批難の目が注がれた。

 ◆◇上海事変〜日中戦争と、満州国樹立

 世界の注目をこの事件から反らせる為、今度は上海で暴力事件を起こした。 それに日本海軍陸戦隊を出動させて戦闘状態を拡大させた。 第一次上海事変である。 日本は内地から続々増援艦隊を送り決着させたが、退却する蒋介石軍を追って、中国本土の奥深くまで侵攻を拡大していった。
 こうして世界の目が上海に向いている間に、日本は着々と満州の支配堅めをして ”満州国独立” を宣言した(1932)。 そして内地から大量の入植者(満蒙開拓団=移民)を送り込んだ。
それは世界(国際連盟)の目は更に厳しい日本批難となったが、もはや満州国を手放すことはできない。 直ちに国際連盟を脱退して中国侵略を続行した。
 日本では、これらの戦闘は全て《事変》(=単なる衝突事件)と呼び、《戦争扱い》にしなかった。 しかし後にはこれらの戦闘を一括して ”日中戦争” ("支那事変"・"日華事変"など)と呼ばれている。

 ◆◇瀬戸内海国立公園(最初の国立公園指定=1934(昭和9)年
 そんな大陸での 『きな臭さ』は、内地には伝わらなかった様だ。 膨大な軍事費や戦費を賄う為、海外観光客誘致にも盛んに力が注がれた。  1934(昭和9)年には、瀬戸内海国立公園(他7国立公園)が、わが国最初の国立公園として誕生した。

対潮楼からの眺め
 瀬戸内海国立公園は、大小 700以上とも言われる島々を有する多島海で、公園面積は日本一である。
 江戸時代に来日した朝鮮通信使の宿泊した福禅寺の対潮楼からの眺めは素晴らしく、鞆の浦の景観を『日東第一形勝』(日本一の景勝)と讃えた。 日本学者のシーボルトらも瀬戸内海を絶賛していたという瀬戸内海は、世界的にも絶景に数えられていた。

 ちなみに最初の国立公園指定は、阿寒国立公園、大雪山国立公園、日光国立公園、中部山岳国立公園、雲仙天草国立公園、霧島錦江湾国立公園、阿蘇久住国立公園、瀬戸内海国立公園 の8か所である。



太平洋戦争への流れ
 ◆◇大東亜共栄圏の拡大
 こうして全世界からの批難にも拘わらず侵略を止められない日本に対し、遂にアメリカから石油禁輸制裁が叫ばれる様になり、日米の開戦気運は深刻さを増してきた。
 それに対し日本は、石油や資源を求め 【大東亜共栄圏(アジア諸国が共に栄える)】を唱え、つまりアジア各国に「列強の植民地からの独立」を推奨して支持を集め、マレーシア半島、シンガポール、インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、マリアナ・・・や太平洋の国々の併合を進めた。

 その結末は、日本軍の戦況悪化〜敗戦により、独立の約束は果たせなかったが、日本との併合は、西欧の植民地支配=奴隷制度と違い、現地人も教育し重要ポストにも登用し、インフラ整備なども行っていたので、戦後独立には貢献した筈だ。 そんな事情もあってか、これらの国々には日本に対し好意的な国が多い。
 勿論、富国強兵、艦隊増強政策は終戦までず〜っと続いていたので、呉造船部もフル操業が続き、呉近海では連日艦隊の雄姿や、これらの諸地域への物資輸送など、種々の船団が華やかに往来していたのではないかと想像する。

 ◆◇太平洋戦争突入
 有史以来一度も敗戦経験のない日本だが、日清、日露、満州事変、日中戦争も連戦連勝し、その度に多大な富をもたらす軍部を国民は絶賛した。 中でも呉鎮守府の貢献度から、呉市界隈の格別な賑わいが想像される。
 しかし、アメリカから石油の【禁輸】が現実になると、総仕上げとして世界最大の戦艦『大和』の竣工を待ちかまえて、華々しく真珠湾に向かった(昭和16年(1941)12月)、太平洋戦争勃発である。
 『ニイタカヤマノボレ』、『トラトラトラ』の無線信号(昭和16年12月8日)が受信されると、呉鎮守府管区では連日夥しい数の軍艦群や輸送船団が柱島沖海域に集結して戦場に向かった。
 こうして大日本陸海軍、大東亜各国及び太平洋の諸島の戦況は、半年余りは活況が続いた。

 ◆◇太平洋戦争の転機
 しかしミッドウェー海戦(昭和17年6月)の大敗を境に戦況は悪化の一路を辿った。
ミッドウェー作戦は、米豪の連係を遮断する目的だった。 その際ハワイのアメリカ太平洋艦隊に壊滅的損害を与え、有利な状態にしてアメリカと講和を結ぶ・・・。 そんな狙いで、連合艦隊山本五十六司令長官が強硬に主張した作戦だった。 それは綿密に計画され、日本海軍の最精鋭空母と最強艦隊を投入し奇襲攻撃・・・の筈だったが・・・。
 所がアメリカ軍は、日本軍の暗号を解読し待ち伏せしていた。 連合艦隊はその包囲網の中に突き進み、最精鋭空母「赤城、加賀、蒼龍、飛龍」=4隻と、多数の航空機、優秀なパイロットも全て失い惨々な完敗に終った。
 その後日本軍は成す術もなくなり太平洋の島々は遠方から順に陥落・玉砕していった。 それは内地にも次第に影響が現れ、極度の金属不足には日用品雑貨まであらゆる金属が回収され、コンクリート船も出現(昭和19年)した。 憲兵の取締りは、益々厳しくなり・・・、その頃の瀬戸内海や呉周辺は もっと緊迫感に包まれていたのか(?)、それとも少し静けさが戻っていたのか(?)・・・想像に任せる他ない。

戦艦『陸奥』
(周防大島;陸奥記念館展示)

 ◆◇柱島沖海域
 この海域は、かつて太平洋戦争に出撃する、『やまと』や『長門』を始め夥しい数の艦船が華々しい雄姿を見せて、集結・停泊する海域になっていた。
 所が 1943年6月8日、停泊中の戦艦『陸奥』が、突然謎の爆発事故を起こして沈没した。 『陸奥』は、《やまと》の建造まで我が国最大級の戦艦で、爆沈により乗員1,100人余りが犠牲になった。
 当時は【爆沈事実隠ぺい】の為、乗組員(生存者=353人)は本土上陸が許されず、離島に隔離されて次の出征地(多くはアッツ島と聞いている)に赴いた。
 1971年までに『陸奥』の艦体は一部が引き上げられ菊の御紋章や主砲などが陸奥記念館(周防大島)に保存されている。 しかし遺物は、淡々と見て説明を聞いても中々実感が沸かない。 だが、心を込めて見つめると何か異様な感慨に引き込まれる。 それを聴く人の心に如何に伝えるか・・!? それが私たちガイドの技量だろう。

 ◆◇出征兵士たち
 呉には海軍工廠と共に江田島には海軍兵学校もあり、大勢の一般兵の教育訓練施設もあった。
呉軍港からは、日清、日露戦争以来、太平洋戦争終結まで、連日大勢の兵士たちが、現自衛隊集会所で家族と面会し戦地に出征した。
 併せて言えば、広島にも陸軍の鎮台(後に第5師団)が置かれていたので、呉・宇品(広島)港からは、日清、日露、満州事変、日中戦争、太平洋戦争と、半世紀に亘って大勢の陸海軍兵士が出征していった。

 それも太平洋戦争初期までは凱旋帰還する場面が多かっただろうから華やかな光景が想像される。 しかしミッドウェー海戦以後、戦況が悪化するにつれ、最後の見送り(ワンウェイ)と知りながら万歳三唱で送り、送られていく情景が思い浮かぶ。
 江田島(現海上自衛隊術科学校)には、大勢の若い少年兵が神風特攻機に搭乗する際、遺した遺書が陳列されている。 明日は命を失う若者の遺書だけに胸が詰まされるが、余りに大勢なので限られた見学時間でじっくり読むのは難しい。 しかしそのままたち去るにも重圧感がある。

 ◆◇戦況悪化 〜 日本本土空襲
 しかし太平洋戦線は遠方の島々から順に敵側に落ち、日本兵の玉砕が相継いだ。 遂にサイパンや硫黄島も墜ちると敵機による本土空襲が始まった(昭和19年終頃〜)。
 その直後、呉湾周辺には ”大和”など、健全な大型艦船が大集結していた。 それを勇壮と見るか?、悲壮と見るか・・・?燃料不足で出撃できない大艦船群だった。 しかしその中から”大和”は最後の期待を背負って、沖縄に向け特攻出撃して行った(昭和20年3月)。

 本土空襲が本格化すると、何100機もの敵機編隊が、1波、2波、・・・と飛来し、東京、大阪、名古屋など・・・主要200都市以上が完膚なきまで焼き尽された。 呉市内も跡形なく焼かれ海軍工廠も完全に爆破された。
 呉湾に停泊していた大戦艦群の雄姿も1隻残らず、沈座する臥体と化した。
空襲に備えて、大都市では民家の取壊し(類焼防止帯)や児童疎開などが行われた。
 しかし空襲は親にも子にも容赦なく身寄りを奪い、酷い食糧難のさ中、誰の援助もなく路頭に佇む幼子たちが、その後どの様にして生き残ったか・・・。 
 それでも日本の本土決戦は 1年弱の期間だったが、中国本土では満州事変勃発から 10数年、新制中華民国(中国)発足からは 30年も本土での悲劇が繰り返されていた。


戦後の日本と瀬戸内海(呉湾周辺)
 日本の敗戦は、家族も身内も家財産も失い余りに酷い国土の荒廃に、張りつめていた人々の心は落胆に変わった。 しかしアメリカ、イギリス、オーストラリア等から進駐軍が入場し、機雷の始末や破壊物件の片づけなど戦後処理が始まった。 食料配給が始まり、徐々に食料や物資や労働力も確保できる様になると、焼け跡にバラックが建ち少しづつ生活が戻ってきた。 それは呉だけでなく日本全国同じだが、人々は当時の流行歌や皆で励ましあいながら頑張った。

 そして瀬戸内海から軍事色が消え平和が見え始めた頃、朝鮮動乱の勃発は、朝鮮半島の悲劇と裏腹に日本には《特需景気》となって、真に”恵みの雨” となった。
 戦時を通して培った高度技術は極めて有効に活かされ、日本は極めて短期間に飛躍的な復興軌道に乗った。それを考えると、明治以降、富国強兵一途に、日清、日露、日中戦争、更なる軍拡、・・・太平洋戦争終結まで約半世紀に亘り、世界を動かした我が国 連合艦隊の中で主役の座にあり続けた呉鎮守府の軌跡は、世界史上でも注目に値する。


 


近隣諸国との係わり
 大戦の結末として、国際連合が設立され新しい世界秩序が生まれた。
 本稿『瀬戸内物語』の主旨からは脱線するが、近隣諸国との関係について少し触れておく。

 ◆◇ 韓国との係わり
 韓国人にとっては、日清戦争後、日本とは戦いもなく支配されてしまった。
以下は私が韓国で仕事をしていた時(平成初期)、複数の韓国人から実体験談として聞いた話だが・・・、
 彼らは、突如侵入してきた日本人に訳も分らず服従させられ、下層人種と言って差別を受け、日本語も強要された。 そして何十万(それ以上かも?)もの朝鮮人が徴用工として、日本各地のダム工事や、鉄道工事、炭坑、軍需工場の建設等の危険作業や重労働に従事させられた。
 しかし朝鮮には厳しい身分制度があり最下層階級には、教育が受けられ給料も支払われることで、当初は親日派もいた様だが、30年も経て日本敗戦時には 国民感情として憎悪が蓄積し、家々で万歳を叫び国旗を掲げて祝ったとか・・・。

 その後の竹島占有も、李承晩大統領(当時)は、日本人から受けた屈辱に対して 『日本の弱みにつけ込んだ仕返し犯行ではないか』と私は思っている。 しかし、彼らは既に数10年間 『竹島は韓国固有の領土だ』と、一貫教育を受け、現在は全国民が信じて疑わない。 それは最早大統領と雖も覆せるものではない。 日本の政治家が、空々しく理屈を言うだけでは、反感を募らせるだけ!。

 ◆◇ 朝鮮動乱
 しかし韓国では、日本の敗戦でやっと戻った平安も、数年後には【朝鮮動乱】が勃発し、韓国全土が大悲劇の戦場になった。 その時人々は避難先を求めて移動し、その後 南北朝鮮に分離して停戦ラインが引かれた為、南北に生き別れ(離散家族)が生まれ、現在に及んでいる。
 朝鮮動乱による死者数、使用された焼夷弾共に、太平洋戦争で日本が被ったそれよりも上まわるという、大惨劇となった。 釜山には(動乱)に参加した国連軍戦死者の広大な墓地(国連墓地)が設けられている。

 所が、そんな悲劇が、日本では【動乱特需】という形で潤った。 日本は敗戦により過去とのしがらみを全てご破算にして、戦時培った高度技術をフル活用できた。 そしてアッという間に世界第2位の経済大国にまで発展を遂げた。 そう考えれば明治維新以後の日本発展には、朝鮮半島は大きな踏み台になったと言える。

 それに比べ韓国では、戦時の技術もなく、過去のしがらみ(官吏汚職など)や、日韓併合時に日本人の手下で働いた人などとの感情問題も中々断ち切れず・・・、日韓格差が開く程 日本に対する反感が増すという国民感情が続いたのではないか?、私が韓国に赴任中(平成元年前後)には巷間から異様な声が聞かれた。
 しかし現在は、そんな経験者も90歳を越え、技術面で日本よりも上廻る分野も多くなったが、それぞれの辿った歴史経過は互いにもっと理解しあうべきだろう。

 しかし朝鮮半島は、もし日韓併合がなかったとしても、米、英、露何れかに併合されたとすれば その場合、鉄道やダム建設や工場施設、社会制度や教育制度等々、日本が遺したほど充実した遺産を残したとは考え難い。 それが韓国の戦後発展に大きく貢献している筈だ。 それをもっと理解しないで日韓の政治家は、竹島とか慰安婦問題とか・・・反感を買うことばかり熱中するから何も進展しない。
 

 ◆◇ その後の中国との係わり
 中国本土は、戦勝国といっても、アヘン戦争(1840)当時から欧州各国に踏み躙られ、新制”中華民国”(=中国)発足後も 30年以上も戦場にされ続け、国内は疲れ果てていた。
 終戦と同時に、中国政府(蒋介石)は、復興にとりかかるべき所だが
、ソ連の支援を受けた毛沢東軍に追撃されて台湾に逃避する始末だった。
 それは毛沢東軍の 『中華人民共和国』建国(1949年)まで、4年間も内戦状態が続いた。
しかも世界が急速に近代化する中で、政治経験の乏しい毛沢東軍閥が、いきなり 10億人の国家を統治するのは簡単ではない。  それが現在もまだ、色々な形で跡を引いているのが実情ではないか・・・!?

 しかしその中で、満州など日本統治地区は、欧米の様な奴隷制度と異なり、政治制度、鉄道、電力、鉱物資源、産業、教育制度、銀行制度など・・・種々の面で、日本が遺した遺産は
、戦後中国(中華人民共和国)を導く上で大きな貢献になった筈だ。
 しかし文化大革命(1966-1977)でつまづき、それ以後、中国共産党は”改革開放路線”に転換し現在に至っているというが、”改革開放路線”という意味も私には勉強不足でよく分からない。

 注)文化大革命(1966-1977)は、政治・社会・思想・文化全般の改革運動といわれるが、毛沢東が政権の座について20年経れば、内部からの批判や対立が激化してきた。 その為主導権堅めの為、抵抗勢力の大規模粛正劇に発展した・・・のが実態ではないだろうか ?。


現在の瀬戸内海

呉海軍工廠 造船部の跡地
 瀬戸内海も、戦後70年を経た現在はすっかり様変りしている。
 戦前の軍需工廠や燃料廠などの施設は、重工業地帯や石油コンビナート、港湾施設などに変貌し、昭和40年頃からの日本高度成長時代をけん引してきた。

 大正時代に阪神・別府間などに開設された長距離航路は、戦後の高度成長期に観光ブームを呼び起こし、島回りの連絡船や沿岸の漁船群も増加し、瀬戸内海は平和裏に活況を迎えた。
 その延長上で、本州・四国間は瀬戸大橋など3系統の橋梁で結ばれ、現在では更に瀬戸内海の殆どの島々が架橋で結ばれている。
 航行する船舶も、自動車の発達に伴い旅客船はフェリーに代わり、島々を結ぶ高速船も発達し、沿岸漁船の馬力も大きくなり、現在、瀬戸内交通の利便性は急発展している。
 その反面、遠隔の島は過疎化に拍車がかかり、フェリーの減便に追い込まれ・・・、多島海という箱庭の様な自然の中で人々の営みが創りだしたノスタルジックな内海風景も散見される。
 そんな貴重な歴史跡や、文化や芸術遺産や、世界に誇る絶景スポットは、新たな観光地として整備され、観光客の来訪を手ぐすね引いて待っている。


瀬戸内海の製塩業
 瀬戸内海沿岸は古代より製塩が盛んな地域であった。 弥生時代には土器に海水を入れて煮詰める方法が行われていたとか・・・、砂浜での天日製塩が何時から始まったのか不勉強だが、江戸時代初期には赤穂藩から入浜式塩田(製法)が瀬戸内海各地に伝播されたと聞いている。 呉近辺では竹原や松永などが有名である。
 竹原市は、かつての塩田地主などの超豪邸群が重要伝統的建造物群に指定されている。
しかしこうした製塩法は、昭和30年台からは次第に岩塩輸入に代わり、塩田跡地は、現在は大規模住宅団地や工場敷地に変貌し、かつての名残りすら感じられなくなっている。

 
大長みかん畑の模型
(みかんメッセージ館蔵)

みかんの段々畑

農船 (大長みかんメッセージ館展示)

大長みかん(瀬戸内みかん畑の風景)
 明治末期に、大長の農家が大分から苗木を購入したのを手始めに、耕作は周辺に広がり ”
大長みかん” として、現在でも全国的に名を馳せている。
大長が、瀬戸内みかん栽培の発端かどうかは知らないが、これに前後して瀬戸内海一帯に広まったのは間違いないと思う。
 日当たりに恵まれ、水はけの良い島の急斜面は、天に至るまで段々畑が拓かれ、5月中旬からは”みかんの花咲く丘”に香りが漂い、11月下旬には黄金色に包まれる。
 険しい斜面は頂上まで耕され、農耕や収穫作業は、重い肥料やみかん箱を背負って、1日に1往復、少し低い所でも2往復が限度という重労働だった。 しかしみかんが珍しかった当時、農家の潤いは相当だった。 各戸別に農船を所有し近くの島にも耕作地を広げていった。

 それが今は、索道や農道が整備され、瀬戸内海の島々は、段々畑と、農道のガードレールがコラボする風景に変貌している。
 それも最近、多くの島で過疎化が進み農民の平均年齢が70歳を超え、方々で段々畑が崩れ、雑木林に化す風景に変わりつつある・・・。


終わりに
 『瀬戸内』といっても呉市周辺を中心とする歴史の流れをまとめようとしてスタートした。 しかしそれには瀬戸内海全般、日本全体の流れの中での【位置づけ】をどう纏めるか、だが、そうなると際限なく範囲が広がってまとまらない。 適当な所でまとめ様とすると、もっと書きたりない気持や、本題から脱線し過ぎて中々まとまりきれず、少々不満の残る原稿になった。

 内容については個人的な想像を多用しているので、事実に照らした誤謬等は保証の限りでないが、『
瀬戸内海の風景、多島海という箱庭のような自然と、人々の営みが創りだす様々な歴史風景』に瀬戸内観光の魅力を感じて戴ければ幸いです。■