このページは、『個人的な想像等を含めて ”歴史”を考える』のが目的です。
あくまで私個人の歴史観なので、真相判断は読者側で願います。

江戸時代の港町”御手洗”の歴史観
☆☆☆ 北前船の集まる港町 ☆☆☆

 1.御手洗の歴史背景 (北前船と港町風景)
 2.御手洗の街並みと色町の情景
 3.庶民生活、神社仏閣
 ◆4.全盛期の御手洗(1800年〜1890年頃)
 ◆5.御手洗の衰退と現状、並びに歴史総括
1


   1.御手洗の歴史背景、北前船と港町風景

 かつて御手洗の入り江は、北前船でいっぱいでした。 その規模『西日本随一』と言われる港町は、日本中の物資が溢れ、大勢の人が集まり、最新情報も飛び交いました。
そこには繁華で華やかな江戸町文化や情緒豊かな色町風情が交錯する 『江戸港町』の風景がありました。
そんな時代を彷彿とする街並みや、江戸、明治、大正、昭和へと時代の移りを感じさせる建造物群が、今も残り、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。
 海辺には松並木が繁り、街中には幟りが立ち並び、街道筋には ところ狭しと提灯で飾られ、豪商人や、北前船の船頭や、大工や様々な職人たちがひっきりなしに行き交い、その中に ひときわ装い鮮やかな遊女達も混じり・・・、三味の音、太鼓の音、競りのかけ声があちこちで鳴り響く・・・、そんな『江戸港町風情』を感じながら、その中で生活する江戸庶民の生活臭などをじっくり感じながら散策して戴きたいと思います。
     街並みは平成6年『重要伝統的建造物群保存地区』に選定されています。




◆ 歴史背景
 時代は400年余り前に遡ります。
 ”戦国時代”、織田信長、豊臣秀吉、武田信玄・・・等武将が群雄割拠して争った時代の庶民生活は決して豊かとは言えないでしょう。 農民一揆などが頻発し、餓死者も大勢いたとみるべきでしょう。
しかし関ヶ原決戦(西暦1600年)を境に時代に移り、大坂冬の陣、夏の陣(1615)を経て、戦(いくさ)のない時代に一変しました。 すると忽ち人々は豊かさを求めます。 食糧はもとより、衣服も住居も、嗜好品、日用品、雑貨、娯楽・・・あらゆる品物が急激且つ大量に必要とされる時代が到来しました。 それが江戸時代です。


◆ 米の大量輸送と日本海〜瀬戸内海航路の始まり
 人口の大密集地の京都、大坂には、忽ち 加賀藩等から大量の米が送られる様になりました。 しかし荷車や馬車で運ぶのではとても間に合わない。 【船輸送】が検討されのは歴史の必然でしょう。
 しかし重い荷を積んだ船の帆走には・・・、当時、帆布だってビニールなどはない時代です。 麻から木綿に変った(軽量化)のが大進歩という時代です。 勿論 天気予報もありません。 風向きや潮流を誤れば入港も困難です、風波によっては陸地に近づくことも上陸するのも危険です。 電話で助けを求めることも出来ません。 従って瀬戸内海の航行は”地乗り航路”といって、陸伝い島伝いに航行するのが専らでした。 それに、幕府は鎖国維持の為、建造できる船は外洋に出られない、帆柱一本で、積載 300石以下の小船に限られていました。
 

◆ 航路整備
 しかし経済が活発化し物流も盛んになると、幕府も漸次 建造船の大型化を認め、千石船も現れる様になりました。 そして1672年には、河村瑞軒に命じて航路整備が進みました。 河村瑞軒は豊かなアイデアを駆使して、全国で土木工事などを請けて活躍した実業家です。
 航路整備と言っても、『瀬戸内海の各所に港を開き、風や潮流の変化で漂流したり、遭難しそうな船や、入出港時などに近くの港から救援できる体制になった』という意味だろうと思います。 日本海沿岸や、瀬戸内海の島々には(太平洋沿岸や日本全国にも)、次々と港が開かれました。 それにより瀬戸内海は 千石船など大型船の”沖乗り航路”(大海最短コースを航行)が可能になりました。 津和地(伊予)から御手洗まで斎灘を一気に渡ることができる様になりました。

◆ 北前船の集まる港町 【御手洗】の発展
 それに前後して、御手洗には1666頃から人が住み始めたと言われています。
帆走する船は、《風待ち潮待ち》の為、必ず何処かに寄港しますが、条件の好い港には沢山の船が集まります。 それに合せて各港には ”茶屋”(遊郭)も設けられました。
 御手洗港は、目の前の島は岡村島です。 島と島に囲まれて台風などの風当りが和らぎ、地形的にも潮流の弛い広い海面に恵まれ、瀬戸内海横断の本線航路(沖乗り航路)の要所にあるという条件が揃っています。 これだけ条件が揃う港は近傍にはないので、沢山の船が集中して寄港し風待ちの為停泊する様になりました。
 こうして、《日本海(加賀・越前)〜瀬戸内海〜大坂》を結ぶ航路は、間もなく 《大阪〜北海道まで》延び
”北前船”と呼ばれました。
 こうして御手洗には、北前船と共に大量の物資が集まり、それを扱う問屋や商人も住みつき、中継貿易港として一躍 西日本随一の繁忙港に発展しました。
 そこは大勢の人が訪れ、新しい情報も飛び交います。 娯楽施設や神社仏閣も建ち並びます。 人形芝居や上方歌舞伎や、大道芸人たちも来演します。 遊女たちを囲う『茶屋』が建ち並び、富くじも行われる様になりました。 そうして新興港町は、一躍、全国に名を馳せる繁華な商業街と化し、更に年を追って隆盛を究めていきました。

 それに伴い西国大名の参勤交代や、文人墨客や・・・、オランダ商館の領事、琉球使節団、シーボルトなども頻繁に寄港しました。 琉球使節は慶賀使、謝恩使が1634年から1850年まで18回江戸詣でをしています。 幕末・明治の志士たちも、高杉晋作、坂本龍馬、中岡慎太郎、大久保利通、吉田松陰、長岡藩の河井継之助等が、長崎や京都、江戸への行き来などで立ち寄ったと言われています。


◆ 北前船の発達
 北前船はすぐ大型化して千石船が主流になりました。 往来は年を追う毎に隆盛となり、幕末から明治中頃が最盛期に達しました。 最盛期には、大坂〜〜樺太までも行き来しました。
 通常は風の関係で、3月頃大坂を出帆し5・6月頃北海道着、7月頃北海道発〜10月頃大坂に帰って来ます。 船頭は商才を発揮し、航海の途中の各港々で商売します
  ・西日本からの荷物は、塩、鉄、砂糖、綿、反物、畳表・莚、酒などの雑貨
  ・北海道・東北・北陸からは、米穀、大豆、木材、紅花、干し魚、塩魚、魚肥、コンブ、銅など
 それに対し、荷主(大名家など)から依頼を受けて目的地(江戸屋敷など)に、商品や特産物を運ぶ場合は ”廻船”と呼ばれます。
 御手洗は離島の為、集積する物資は直ちに伝馬船て周辺に配送される 【中継港】 の役割を担っていました。
北前船の主要港は、背後に大消費地、または水運を利用して大量の物資が集積する大河川の河口などに開かれました。 例えば、 加賀(金沢)や坂田(山形県)のは、廻船問屋を兼ねて"船主"が輩出され飛躍的に発展した港町です。 小樽(蝦夷地開発の起点地として運河が建設され、両岸に当時の倉庫群が残っている)、能代(米代川の水運=阿仁鉱山の銅の出荷)、松前、鰺ヶ沢、新潟(阿賀川、信濃川の水運=米の集積出荷)などです。
 これらの港には、現在、北前船の貴重な資料・史跡が 沢山保存されています。

千石船模型
太平洋側や、四国、九州航路も同様に発展し、生活物資は日本中、津々浦々行き渡る様になりました。
 北前船は、物資以外の大勢の人も移動させます。 日本国中に情報を伝達(新聞やラジオの役割)や、地域特有の文化や民謡なども全国に交流させました。
 商業、経済、産業面の発展も促しました。 小説や戯曲、浄瑠璃、絵画、俳句、・・・など芸術、娯楽面でも、豊かな江戸文化開花に大きい影響を与えました。
 しかし明治30年頃をピークに、次第に汽帆船や汽車という新しい輸送手段が登場し、情報伝達の役割も電信・電話の発達により、北前船の役割は急速に衰退していきました。


◆船 宿
 北前船で運ばれた物資は、船宿で仲買人たちに売り裁かれ、直ちに伝馬船で近郊に配送されます。
また西国大名の船が寄港した時や、その藩の船が積荷を積んで入港した時は、船宿が一切の世話をしていました。
御手洗には薩摩藩、熊本藩、小倉藩、福岡藩、中津藩、延岡藩、飫肥藩、長州藩、宇和島藩、大洲藩などがそれぞれ専用の船宿を利用していました。  船宿は間口は狭くても、背後にそんな施設や、湯女たちも居たのではないかと思います。
 明治時代になると参勤交代がなくなり、北前船も次第に廃れ・・・人々は商売替えが余儀なくされました。 現在残っている三軒長屋は、昭和30年頃 雑貨店だった頃の面影が保存されています。
現在の”若長”(cafe) や”なごみ亭” の2階から眺める 海の景色は今でも、往時の港町を偲ばせるものがあります、一度のんびりとした時間を過ごして戴きたいものです。


◆御手洗港の風景
 往時の御手洗港には、そんな北前船を背景にした風景がありました。
 現在見られる風景(視野)から、コンクリートは全部消して下さい、岸辺には松並木が続きます。 日の出と共に神社は朝日に輝き、千砂子波止周りに商家や船宿にも無数の幟り旗が建ち並びます。 停泊船から炊煙がたなびき、路地には人々の往来が始まります、船乗りや、商人や、職人、大工、外来客・・・の中に一際艶やかな衣装をまとった遊女たちも交えて下さい。 やがて道行く人々は数を増し、浜辺には修理船の底を焼く焚場(たでば)の煙りが立ち上り、船宿からは仲買商人たちの活気が漲り、ばくちの声も威勢があがり・・・。夜になると岸辺の燈籠や提灯列に灯がともり、太鼓やあちこちから三味の音も夜遅くまで聞こえています。

 波静かな入り江に、最盛期には北前船やその他合わせて、200隻ぐらい停泊させてみて下さい。 朝日に輝く海面と 船群のシルエットを想像して下さい。 昼間の眩しい日射しに輝くさざ波と、各船には 洗濯物や炊煙や船員の姿など生活臭を感じて下さい。 夜の月明かりに浮かび挙がる船蔭、その間を縫う様に行き交う《おちょろ船》や、船々のカンテラ灯り、岸辺の提灯列が海面に映る様を想像して下さい。
 そんな光景を、頭の中しか再現ができないのは残念ですが、江戸から明治時代にかけて西日本随一の港町と色町情緒を想い浮かべながら、この港町を散策して戴きたいものです。


 しかし北前船は明治30年頃をピークに、徐々に役割を終えていきます。
 しかしその後は、富国強兵策にまい進する国策の下で、九州炭鉱の石炭を運ぶ機帆船などが寄港し、色街の装いは昭和30年頃まで保たれていたそうです。



◆ おちょろ舟
 何隻もの小舟(おちょろ舟)は、身よりのない娘や未亡人を乗せ、沖に停泊する船の間を縫う様にして、薪、水、食糧などを売って廻り、彼女たちは菜売り女と呼ばれました。 それが自然発生的に生活の糧として、漆黒の海をカンテラを照らしながら停泊船を巡る『沖芸者』といわれる遊女にもなり、上陸できない船乗りたちを慰める役割をする様に様になっていきました。
 そんな光景は、北前船が役割を終えた後も、御手洗に寄港する機帆船などを相手に明治、大正、昭和32年に売春防止法が施行されるまで引き継がれていました。


2


   2.御手洗の街並みと色街の情景

◆御手洗の街並み
 街並みといっても、例えば宿場町は必ず、大通りを中心に開けます。 城下町は、城下に開け掘跡や鍵型路地や不規則な街並など、各地域それぞれ特有な工夫があります。
 しかし離れ島の御手洗は、物資が集まり、仲買商人が集まりますが、背後に大消費地はありません。 到着した物資をそのまま周辺に海上配送する
【中継港】の路地は狭く、商家が密集しているのが特長です。  歴史的には(1666年頃〜)の新興商業街から発展した町並みですが、竹原の様な超大地主や、超豪華屋敷群とは異なり、狭い地域に成上がり商人の豪邸、地主(庄屋等)の建造物群や一般庶民の長屋などから、当時の庶民生活が伺われます。 しかも狭い地域に、沢山の民家が密集して現存しているので、庶民生活臭が 強く感じられるのが ここの特長です。

 人々の営みは明治時代以後にも引き継がれます。
 人々にとって重要度が高い物ほど巨額を投じて新しい立派なものに替えられていきます。 この町並みにもそんな ”
人間臭さ”が漂っています。
 明治時代から始まった西洋化の波は、大正期から昭和初期にかけて庶民層にも浸透しました。
それまで見たことも、想像もしなかったモダンな横板張りの洋館建てやモルタル造り民家の出現を、当時の庶民たちはどんな感覚で見たことでしょう。 御手洗の街並みは、そんなことを想像しながら歩くとわくわくします。
 西洋化といっても街全体から見れば一部なので、江戸時代の建物も多く残っています。
 戦後になると、細々と続いていた女郎屋も昭和32年の売春防止法制定により、完全に火の消えた街となり、今日まで凍結された為、当時の街並みがそのまま残されました。
 御手洗の街並みはそんな歴史や文化、庶民の生活ぶりを想いながら見学すると、非常に趣き深い色々な想像が湧いてきます。


◆常磐通り(江戸時代=問屋街の街並み)
 常盤通りは御手洗地区の中でも、商家が特に集中する中心街です。 この当たりは 1759年の大火で消失後、1777年頃再建された問屋街です。 防火対策として屋根は本瓦葺き、壁は漆喰で塗り籠め造りの家が軒を連ねています。
 当時の商家は道路側の間口は小さくて奥行きの長いのが特長です。 道路側から『店・中座敷・奥座敷』と一列に繋がり、その奥庭には防火用の池もあり、更に奥には蔵が構えられています。
 それが整然と区画化されています。 間口が狭いのは税金対策上という説もありますが、(私は)それは後づけの理屈であって、富を築いた大勢の商人たちが、限られた地域内に軒を連ねる為に考えだされた 『新興商業区画』 ではないかと思います。


◆若胡屋
 沢山の船や人の往来に伴い真っ先に営業を始めたのは ”
茶屋”です。 現代的にいえば ”遊郭” でしょう。 御手洗に住民が集まり始めて約60年後、1724年と言えば吉宗の時代です。 百花繚乱の元禄文化に陰りがでた頃ですが、おそらくその頃から御手洗の繁栄は、次第に加速がついのではないかと想像します。
 茶屋は、若胡屋以外にも増設され、最盛期には広島藩から免許された茶屋は 4軒営業していました。 各々の茶屋に遊女は100人ぐらいいたそうですが、これ以外にも個人営業の店や置き屋などもあったのではないかと思います。

 しかし、若胡屋の金力や権力の象徴は、練塀には桜島の溶岩が練り込まれ、裏座敷の天井や障子の腰板などに当時輸出禁止だった屋久杉がふんだんに使われていることから伺えます。 しかし立派な花鳥の描かれた舞良戸や貴重な調度品の数々は既に他人手に渡ってしまっているのが残念です。 裏庭には薩摩に自生している ”ヒョンの樹” (樹齢200年ぐらい)が植えられています。 現在の建家はその頃建てられ、薩摩藩の役人も訪れていたことが伺えます。

 店の前には、無数の幟りが立てられ、無数の提灯で彩られ、無数の行人が行き交い・・・、その中に一際艶やかに着飾った遊女の姿も想像して下さい。  建屋の中から笛太鼓や鼓弓や三味線の音も、威勢よく響いていたでしょう。 周辺路地には、遊女の着物や履き物や、髪飾り、白粉などの店舗が軒を連ね、活気に満ちた色街の情景が想像されます。
 店の中の様子は、(勉強不足ではっきり分かりませんが)花魁と1対1で付き合うまでには相当な お金やツテが必要だった様です。 歌麿などの絵では、遊郭内では大勢の男女が唱ったり、踊ったりして楽しみ、物陰には複数の戯れている・・・様にも見えますが(専門家でないので)よく分かりません・・・。
しかし、明治時代になると人身売買は禁止され、茶屋は廃止されました。
 若胡屋は一時はお寺になり、地区会館になり、現在は内部に耐震補強が施されて公開されています。

 遊女は大体10才前後で売られて来ました。 年季が過ぎればある程度は自由になった様ですが、親元には庶民が手紙など利用できる時代でもないし、住所も道も分からないでしょう。
 ひたすら修行と勉学に励み、読み書き、三味線や踊りなど芸事、作法などもマスターして、花魁になれば花形で部下や弟子もついた様です。 殿様や文人墨客相手には相当の教養も必要だったのでしょう。
 しかし、花魁になる迄にどれだけの遊女が転売され、冷徹に扱われ、廃されたか・・・想像がつきませんが、遊女たちの平均寿命は21才ぐらいだったと聞いています。



喜多川歌麿「深川の雪」

  ◇おはぐろ伝説
 人妻はお歯黒をつける習慣がありました。 花魁は例え一夜妻でもお歯黒をつけて男に接していた。
カムロ(花魁の世話をする少女)「しげ」は煮えたぎったお歯黒の入れ物を持ってきた。花魁「八重紫」が おはぐろをつけ始めたが、その日に限って上手く付かない。幼い10才のカムロ「しげ」は、入れ替え差し出すが、どうしても上手くつかない。
「しげ」は八重紫の横顔を見てハラハラしていた。
一方座敷からは三味や太鼓の音が鳴り響き『八重紫はまだか〜〜』と、矢の催促がかかる。 客は花魁をとるには、莫大なお金を払い、周りの紹介人にも祝儀を与えねばならない。
八重紫は厚化粧の額に青筋が浮かび、煮えたぎったお歯黒を、いきなり「しげ」の口に注ぎ込んだ。
「しげ」は悲鳴をあげ、口から黒い血を吐きながら支度部屋の壁を掻きむしって死んだ。
それからは、死んだ筈のしげが鏡に向かうと現れ、今を盛りの八重紫も背筋が寒くなり、四国88カ寺を回って、しげの霊を弔おうとした。 しかし巡礼の宿でもまた現れ、一言残しては消え。・・・、後を追う様に八重紫も亡くなった。
それから若胡屋では遊女が、100人になると一人亡くなりということが繰り返され、99人で営業したといいます。
白壁に残ったすげの手形は、何度壁を塗り替えても、決して消えなかったそうです。
そして八重紫の墓は若胡屋の中庭に移されています。


◆色街風情
  当時の船乗りたちには、生死を分ける日本海の荒波や、瀬戸内海の急潮を乗り越え、港町に着いた時は 大いに安堵の時でした。 『御手洗港を 素通りする船は 親子乗りか 金なしか』(御手洗やぐら音頭)と、越前の(北前船の)船頭たちは唄っていたそうです。 台風や、しけに遭い何時遭難するかも知れない船頭たちは、航海しながら稼いだお金は、次の港で使い果たすという生活していたとも聞いています。
 江戸時代末期、御手洗最盛期の
『諸国いろざと番付け』には、御手洗は全国151選中、東前頭11番目にランクされています。 横綱級の江戸の吉原、京都の島原、長崎の丸山などに次いで、御手洗の人気は高かった様です。
 藩公認の茶屋以外にも、住吉町は船宿と置屋も建ち並び、なじみの船が入港すると、早速、船宿から出迎えて航海の労をねぎらったそうです。 船乗りたちは風呂に入り、置屋から湯女が駆けつけ背中を流し、夕闇に包まれると酒宴が始まる。 船乗りになじみの遊女が侍り三味や太鼓で夜が更けるまで宴が続く。 住吉町界隈は夜更けでも灯の消える家は一軒もなかった。 そんな色街情緒が想像されます。
 毎年何回か神社の祭りは、町の行事には総出で華やかに振る舞い祭り気分に沸きたちました。 近郷から見物人も群れをなして来ていたとのことですが、大勢の遊女たちも、願い事を書いて枝に結んだりする姿がありました。
 そんな華やかな光景は、茶屋が廃業した明治時代以降もずっと続き、戦後も下火ながら昭和32年まで続いていたそうです。、
◇御手洗の繁栄を支えた遊女たちの哀史(遊女たちにまつわる俳句)
   *
『頼みます 花もこの世も 後の世も』  (河端五雲)
 神明さんのお祭りには遊女たちは、自分の願い事を和歌や俳句に託して短冊に書き、神社境内の枝に結ぶ習わしがありました。
ある遊女は、句が思いつかず、偶々風待ちで寄港していた松山の俳人(河端五雲)のもとに行き、訳を話して句作をお願いした。
 私は売られてこの土地でこんな勤めをしています。早く年季が明け両親のもとに行きたいのです。 どうかあの世では、無事両親と会い、楽しく暮らせます様に・・・。

   *『三弦に 我を泣かせよ 秋の風』     (栗田樗堂)
   *『夏草や 島に悲恋の 遊女墓』      (蚊 居)



    続き 『 3.庶民生活、神社仏閣 』を見る


ページトップ