0
地域観光振興作戦ー3 
2015~2016 ブログ(一観光ボランティアの目)投稿した記事です


e-mail 
 6.その他  ***** 雑感 *****

22     外国人観光客
            2016/5/6
 
 先日から広島・宮島で外人客のガイド案内を始めた。 ウィークデイには観光客の半分が外人客だが、日本人ガイド付きは 1%にも満たない。 
 テレビ等では、『外人客=爆買い客』 と勘違いし兼ねない報道もあるが、『一般観光客と 爆買い客とは全く別グループ』だ。 それを混同して外人客誘致はあり得ない。 勿論、私の相手は勿論一般客だが、以下ガイドしながら実感する所を挙げてみる。
一般外人観光客の行動について
  彼らの来訪は日本観光が主目的で、(広島・宮島は)その中の一部だ。
◆しかし広島と宮島は、二つの世界遺産をセット観光できるから、来訪価値が倍増する。
◆しかし
主目的は日本観光】(広島・宮島は その一部)なので滞在は短時間、効率的な周遊が条件でになる。
◆ 来訪には新幹線移動が主で、広島に来る前後の訪問地は広範囲になるが、観光後は広島周辺に宿泊するとは限らない。
◆(ボランティアガイド等の)ガイド付き観光は、外人観光客の極めて一部に過ぎない。
◆外人観光客単独での行動範囲は、殆どインターネット等で既定コースに限られる。タクシー移動は限定的。  外食はインターネットやホテル等からの紹介が影響が大きい。  最も簡便なコンビニなども利用される。
◆お土産なども、(日本に長期滞在が普通だから)、各々の地域での買い物は殆どしない。 最終滞在地でまとめ買いがメインではないか?
インターネット活用のテクニック
◆インターネット情報は、必須条件である。
 
旅行会社にとっては 旅行企画、及び手配の為、
 
観光者にとっても、旅先で起きている情報を知り、行動する為に不可欠である。
従って、インバウンド観光客を呼び込むには、インターネット活用の(上手/下手)は、絶対条件と言える。

③ 外国人観光客による効果
 ◆ 訪日観光客による経済効果は
、宿泊客誘致を考えねば、必ずしも潤う訳ではない。
 ◆ しかし来なければ、漸進的な雰囲気は生まれない、変わり映えしない時代遅れの街になってしまう。 
 


 23    
来賓あいさつ       2016/3/16

 毎回、”観光ボランティアの会” 総会やちょっとした宴会には来賓が招かれる。 その幾人かは、壇上から あいさつを述べるのが通例である。
 それは大体、○○の部長さんとか、課長さんとか、議員さんとか・・・お偉いさんだが、一寸気になるのは、あまりに儀礼的な挨拶である。
 例えば、『招待者(=私たちボランティアの会)の活躍を誇大に褒め称え 、謝意が表される、 そして(呉市の)観光関連計画や予算、助成措置などについて・・・(来賓の)手柄の様なPRを添え、今後も頑張って下さい』締めくくる。
 主催者(=聴衆)は、自分たちの活躍が褒められ、来賓側からの協賛意図なども表され 悪い気はしない。 一瞬、心の中でモチベーションも上がる。
 しかしその直後には、(聴衆側は)何をどうしたら良いのか?、何が目標か?・・・、あの人は「何を喋ったか」・・・綺麗さっぱり、頭の中には何も残らない。 それが世間常識かも知れないが・・・。

  折角、壇上にあがるのなら、外部地域の動向などを引き合いにして、優れた点を褒められるならともかく、 しかし世間並みのごく普通の行動に、美辞麗句を重ねて、褒められても聴く側の資質向上にはならない。
 甘やかせて”裸の王様” にする様な挨拶は、「百害あって一利なし」だ。
  時代は刻々と変化している。 お偉いさんなら、
少し具体的なビジョンを示し、その為の要望事項(課題)を示すとか、具体化が難しいなら大雑把にでも、テーマ(例えば「観光客誘致の為」とか、「市内活性化の為」とか・・・)を言って、『観光ボランティアならではのアイデアをどしどし提案して戴く様、期待します』 とか・・・、聴く側に 何か課題として残る言葉が欲しい。


24    観光ボランティア員の【郷土愛精神】      2016/2/9

 観光ボランティア員には、強い【郷土愛精神】の持ち主が多い。 郷土を愛し郷土のことをもっと詳しく知り郷土の良さを 大勢来訪者に紹介する・・・。 郷土をPRしてもっと大勢の人に関心をもって貰う・・・。
 それが生き甲斐で、 誠心誠意 献身的にボランティアガイドを続ける。 誠に敬服すべき「志し」だが・・・、しかし一寸
気になることがある
 それは【呉市内】でも、例えば音戸地区だけとか、旧市内だけとか、下蒲刈地区だけとか、御手洗地区だけとか・・・、地元愛の情熱と、生真面目な人ほど
『我が郷土の範囲が狭い』こと、我が郷土以外の地区には関心を持たない』こと、縄張りを堅め『他地区のボランティアガイドの進入も、外部地域との連係を快く思わない』ことである。

 半世紀前ならともかく、今の時代・・・狭い郷土に閉じ籠もって一生懸命活動しても、観光客が 幾人来るだろう・・・?
 交通も発達し、日本中の数多の観光t地が 熾烈な誘客競争を演じている現在、そんな狭い針の穴を目指して来る客が・・・ゼロとは言わないが・・・、折角の崇高な志も客が来なければ 社会的意義は少ない・・・。
 それより、もっと広域連係して、大勢の観光客を呼び込む努力をすべきではないか・・・?、それが私の持論である。

それには、観光ボランティアも、各自ブラッシュアップし、他地域(郷里)に相互乗り入れを含め、周辺地域の連係チーム化を考えれば、郷土の魅力はもっと倍増する。 それだけのことである。
 しかし、旧来常識を ”信条”とする地元愛者には、他郷のボランティアとの、ガイド連係は、簡単には受入れられない。
 

 
  25    ”おもてなし研修”          2016/2/6

観光ボランティアガイド研修では、”おもてなし”講座が定番になっている。
ボランティアガイドは『地域の顔だから・・・』とか、 折角来訪されたお客様が、 『リピーターになる為には・・・』 と、服装、挨拶、お辞儀の仕方と・・・実技も交えて、講師の指導に熱が入る。 それは理路整然としていて、聴講者の心を魅了する。 各自意識を集中して 自分の作法の 一挙手一投足を省みながら、真剣な面持ちで聴講する。
 勿論それが悪い訳ではないが、熱が入れば入る程
「”おもてなし”の 対象相手」は、 『直接 対面してガイドする お客様だけ 』 に絞られる。 それ以外の人に対する心遣いは全く触れられない。、聴衆の聴講者の頭から綺麗さっぱり抜け落ちてしまう。

 しかし、観光ボランティアが、直接 ガイドする相手客は、来呉観光客の 1% にも満たない。
 「観光振興作戦」の観点では、折角の ”おもてなし”講座は、
私たちの直接ガイドする以外の大勢の来呉客や、大勢のお客様を集めてくれる旅行会社や交通機関の関係者、地域住民や、ホテルや飲食店や商店街の人々に対する接遇がもっと大切だ。 しかしそれを綺麗さっぱり忘れてしまうから、協力・結束ムードは盛り上がらない・・・。
 観光振興作戦は裾野の広い事業だから・・・、教科書通り 忠実・生真面目に固まるだけでなく、視野を広くして 試行錯誤しながら、色々な応用問題を解いていかなければ、新しい時代には追随できない。
 


 26     観光ボランティアと報酬        2016/2/11

 現代社会は、大勢の人の献身的無償活動で支られている。 災害ボランティアや、介護ボランティア等が代表例である。 それは、忽ち困窮状態にあり、援助が必要な弱者に対して、自発的に行う 『人道的な奉仕活動』 である。
そんなボランティア精神を基にして、最近では もっと発展して、○○ボランティアとか、△△ボランティア・・・等々、各方面で多種多様なグループが結成され、日本全国で献身的な活動が展開されている。 私たちの観光ボランティアもその一つである。
  災害・介護等のボランティア活動の経費
  しかし一口にボランティアと言っても、置かれている立場は様々である。
災害ボランティアや、介護ボランティア等は、忽ち困窮状態にあり、援助が必要な弱者に対して、自発的に行う 『人道的な奉仕活動』 で、それは『相手が自活できるまで』、自ずと”期間限定”である。 そうでなければ ケジメ がつかない。 これに対する【無償奉仕】に「異論」を唱える人はいない。
  観光ボランティアの活動経費 
 しかし、観光ボランティアの場合は事情が異なる。
 相手は 社会的困窮者ではない期間は「永続」が原則である。 交通費やブラッシュアップ費用もかかる。
 そんな条件で、無償奉仕を持続する人は殆ど集まらないし、組織活動も難しい。
『ボランティア』と言えども、持続可能の為の必要経費や報酬分もなければ、社会的に小役にしかならない。
  結論を言えば、大げさな利益ではなく 奉仕活動の持続に必要な経費や報酬は、遠慮する必要はない。
『ボランティア』という語彙の追及ではない。 語彙に拘って、活動が縮小すのでは【本末転倒】・・・と考える。
 


   

   目次   P1  前ページ  P3   P4(要約編)