私の歴史観  My Historycal Feeling
歴史認識の問題                     (初 1914/4記)
                                   
竹島領有権問題とか、朝鮮人慰安婦問題とか、尖閣諸島問題とか、安重根記念館問題とか・・・、韓国や中国が口だしすば、日本の政治家はすぐ歴史認識の違いとか・・・歴史認識の問題と結びつけようとする。

しかしちょっと考えて見たい。
私たち日本人は、『尖閣諸島は日本固有の領土だ』と信じている。 なぜだろう? テレビでもラジオでも、新聞でも偉い先生方が、一糸乱れずそう言っているからである。  しかしそれ以外の理由ははっきりしない・・・無いと思う。 それなのに、中国側がどう説明しようが、何と言おうが、耳を貸す人は皆無に等しい。
 しかしそれは中国内でも、韓国内でも事情は同じである。 しかも小学校から教育されているから、彼らの信念は日本人の信念よりもっと強い。

しかし、日本固有の領土と言いながら、本当に歴代政府はどうして灯台とか、船舶の避難施設とか・・・何にも造らなかった理由は何だろう?  竹島だって韓国はとっくに立派な施設を設けて既成事実化している。 どうしてあんな施設など・・・本当に日本の歴代政府は易々と造らせた理由は何だろう? 
国家間の歴史認識の違いは明らかでも、日本の政治家が、歴史認識の共有化と言うのは何の意味があるだろう?
歴史は、時の権力に書き替えられ、時勢の願望が加えられながら受け継がれる。
例えば、原発事故だって、状況の真相は 3年の間ではかなり消され〜、補助金や献金など目当てに、再稼働の願望は かなり強められながら現在に至っている。 この先10年、20年後には、事故発生当時の状況はどんな認識になっているだろう・・・? 歴史は歪曲しながらひき継がれるから、過去の歴史の真実は想像以外には存在しない

 歴史研究者たちが後刻、過去の歴史を再検証するとしても、肝腎な証拠が隠滅され、願望が付加されて、然る後、領土問題や、慰安婦問題を、国家間で見直しても・・・それぞれに都合の良く、相手を攻撃する為のストーリー組立てあうだけであって、両国にとって永久損失にしかならない。
つまり、国家間の紛争は【歴史認識の所為にするのでは、何の解決にもならない】。 表面上の口実でしかあり得ない。

それにしても尖閣はどうして、これまで石原都知事が言い出すまで放置していたのか?、 竹島はどうして数年前、島根県が領土宣言するまで静観していたのか・・・?  その歴史の方がもっと検証すべき問題だろう。
 今となって・・・」、それでも解決策があるとすれば、それは、外交、経済、技術・・・何かで@価値が(紛争領土と同等以上の)ものと交換する !!か、または、A両国で利益を産み出す施策をじっくり考えて共同経営すること !! の何れかしかないだろう。

ページトップ