私の歴史観  My Historycal Feeling
元従軍慰安婦問題                    
                                   
1. 朝日新聞の訂正記事と、政府とマスコミ報道界の疑問      (2015/1記)
 最初の報道は30年も前という。 朝日新聞は『かつて日本軍の指示により、済州島で慰安婦募集の際、女性を強制連行した』と言う吉田清治氏証言を真実の様に報道した。 しかしそれが『虚偽証言に基づく誤報だったと判明した』から、30年経た今、大々的に訂正・謝罪(?)記事を載せた。
 何でも朝日新聞という超有力新聞が、『日本軍にとって言われのない不名誉を、全世界に振りまいた』、しかも『誤報を30年も訂正しなかった』と、国民大衆からも批判を浴びている様だ。

当時《慰安婦》が存在したことは厳然たる事実である。
しかしその問題は(募集時の強制連行云々も含め)、村山談話や河野談話で国家意志を正式表明し落着している。 それなのに、この期に及んで吉田証言が【偽り】だったと、また後戻りする大騒ぎの真意は何なのか・・・?
 @『「吉田氏自身は知らないことを知っている様に語った」その【行為】が虚偽だったから、
   【彼の語った内容全ての取消し】』と云うことなのか?、
 A『【朝日新聞に載せた記事内容】が事実と異なる』からそれは、【取消しなのか?/or反意(意味が逆転)になるのか?】釈然としない。

しかし @だけの単純な理由であんな大がかりな訂正騒ぎはあり得ない。 必ず記事内容を再検証した結果、深刻な社会的影響がなければ、村山談話や河野談話も表明し、しかも30年も前の記事を、今、大げさに訂正する社会的意義は無い。  
 しかし訂正記事を敢えて載せなければならなかったのは何なのか?大きな疑問が残る。
そんなに深刻な影響があるとすれば、何故今まで放置してきたのか?
実際に慰安婦募集業務に携った人や、その周りにも多勢の証人が健在だった時は、何故センセーショナルな批判は起こらず、何故証人が粗方亡くなった今、改めて問題になるのか?
それとも新たに説得できる《新証拠》がみつかったのなら何故示さないのか?

  しかし朝日新聞の《訂正/謝罪》は、ダラダラ書いているが、上記の疑問には何も応えていない。
 しかも我々凡人が普通に読めば、『当時、吉田氏の証言を基にして『女性を強制連行をしていた』という記事を載せたが、その内容は根拠のないことが判明したので、(当時の)記事の取消しと謝罪だけ』しか解釈できない。 
 しかし、政権の閣僚や一部の政治家は、朝日新聞の訂正を根拠にして
対象を、日本軍(全般)に拡げ、記事内容も(取り消しでなく)反転させて、 『日本軍(全般)が女性を強制連行した事実はない』と率先して豪語するのだから・・・事実の歪曲も甚だしい。
 しかも日本中のマスコミも便乗して『誤報訂正を30年間も怠っていた』と、国民大衆を巻き込んで朝日新聞を責めたてる。

一体、何人の人が、当時の記事を記憶に留めていると思っているのか?、 それが今時、誰の為に、何の目的で、あんな大々的な訂正記事を載せ、日本中のマスコミを巻き込んで大騒ぎする必要があるのだろう・・・? こんなことでわざわざ韓国や関係国を刺激する意味が分からない。

 これは単なる私の思い過ごし・・・なら良いのだが・・・、
最近、朝日新聞や、その他のマスコミも、テレビコメンテーターも、政治批評の論調はかなり丸まってきた。 政権ににとって辛口・不都合かな(?)と(私が)思うキャスターは次々降板した。 原発も、最も深刻に考えねばならない【遠未来の課題や危惧】など政権に不都合な解説は極めて盛り上がらない。
 政治家か、誰かは知らないが、朝日新聞を不快に思っている人に、30年も前の記事を持ち出して脅されたか、or 朝日新聞から政治家への忖度ではないか・・・? 日本中のマスコミ萎縮させられる様なことになれば、非常に由々しい・・・。


2. 【強制連行】とは・・・

ところで戦時下、国家総動員法の下では、笹井な国策批判も直ぐ非国民とか逆賊呼ばわりされたり、憲兵に連行されたりした。 赤紙一枚で万歳三唱して必ずしも望まない戦地に出征した。 それを拒否する選択肢はなかった。
 戦地では上官命令には絶対服従。 違反者は軍紀を乱すと言って厳罰も処せられた。
 それを日本人は【強制連行】とは言わない。
 しかし日韓併合時、『下等人種』と言って蔑視され、面従腹背の朝鮮人や中国人の立場では、  @仕方なく受諾するか、A拒否して厳罰に処せられるか・・・の二者択一を『【強制連行でない】』と言うかどうかだろう。
 
日本の人権擁護家は、従軍慰安婦問題を『性奴隷』と言って、最上級の極悪表現する。
しかしそれでは、それよりもっと残酷な悲劇が隠ぺいされてしまう。
 私は、偶々30年前には韓国で仕事していたので、複数の韓国人から直接体験談を聞いた。
(朝鮮半島が)日本の植民地時代の屈辱たるや、日本人は(朝鮮に)勝手に侵入してきて、(朝鮮人は)下等人種として、食料配給や、学校でも仕事場でも、侮蔑的な差別を強要された。 多くの人も徴用工として日本に行った。 日本兵に逆らうと連行された人や、帰って来ない人の話も・・・聞かされた。
 そんな屈辱を経験している韓国人の(日本人に対する)恨みは、戦後もずっと続いていた。

一般小説やテレビドラマなどでは日本兵の略奪、暴行や強姦を受け子連れで身を投げるシーンや、反攻して瀕死の暴力を受けたり、捕虜にされ殺害されるシーンもある。
しかし、日本の総理大臣は、それは『架空ドラマに過ぎない、事実でない』と公言できるだろうか?・・・。
 日本人の帰還兵や軍関係者は、現地であったことについて一切黙して語らない。
所が、頑な語らなかった日本の帰還兵も 90歳を超え、余命が覚られる頃になると、漸く、NHKテレビドキュメンタリーで、『扱いに困った捕虜を上官命令により、銃剣訓練の的や処刑が・・・』と、長い間の黙秘に耐え兼ねた心境を、息を詰まらせながら証言する姿に胸が詰まる。

慰安婦募集の際、”女性の強制連行” が事実かどうかではない。 それよりもっと残虐なことがされていたと考えざるを得ないのではないか?
 しかし安倍首相は、【人さらいの様な事実はない】とか、【言われのない不名誉・・・】とか言って、教科書からも従軍慰安婦問題の記述削除しようとする。
 日本は『負の歴史を直視しようとしない』から・・・、中・韓は益々誇大宣伝を繰り返し〜日本はまた応戦する・・・という負の悪循環が続く。


3. 『女性の強制連行』を否定する為の証明

当時、朝鮮人や中国人の家庭は総じて極貧状態におかれ、教育水準も低く、高給を求めて慰安婦に志願する人は多かったと聞いている。
 朝鮮半島には、厳しい身分制度があり、下層階級の生活はかない苦しかった。 その上無理矢理、日本人に支配され、屈辱的な差別待遇を余儀なくされているのだから、あり得る話しだろう。
 しかし、日本の政治家が、『彼女たちは自ら志願した』と豪語するのは、ちょっと配慮がなさすぎる。
 しかし志願したとは言え、その後、余りに非道な強要を ≪拒否することも逃避することもできなかった≫とすれば、言葉尻はともかく、【強制連行】と本質は変らない。

満州や朝鮮の戦線に送り込まれ、殺気だつ日本兵を相手に、どれだけ過酷な【慰安婦(人数) × 過酷さ】が必要だったかは・・・逆算できる筈だ。
 日本軍は国策として、それだけの慰安所を設け、慰安婦を集めようとしたのは事実だろう。 それだけの慰安婦集めを、『民間が勝手に行った』と言うのも無責任の極み !!   国策遂行には『国家も民間もなく達成することが至上命令の時代』だった。 国策遂行・達成の為には庶民はどんな犠牲が強いられたか、況や韓国人や中国人をや・・・。 現在の時代感覚に当てはめることはできない。

 勿論、私は当時を経験した訳ではない。 大衆誌やテレビドキュメント等の知識で想像するだけだが、『強制連行がなかった』と考えるのは難しい、況や相手の説得は不可能に近い。 明確な証拠と言っても、【悪魔の証明】である・・・。
 それよりも日本政府は何故何時までも《慰安婦問題》に拘るのか・・・? 韓国人が経験した史実を遺そうとして《慰安婦像建立》しても、日本が内政干渉することの理解が難しい。


4.日本軍が、朝鮮・満州・中国に遺した大遺産
1)日本側の問題点
日本は、@敗戦時には不都合な物証の焼却命令を発し、当時を知る生き証人も90才を越え殆ど亡くなっている今・・・、日本が何を言っても、相手国には、虚偽ねつ造としか映らない。
 【人さらいの様な事実はない】とか、【言われのない不名誉・・・】とか言い続け、教科書からも従軍慰安婦問題の記述削除しようしても、相手はそれ以上誇大宣伝で反発する。
日本政府もマスコミも、『負の歴史を直視しようとしない』から・・・、防戦一方になる。
だから日本軍が、【(朝鮮半島や・満州・中国に)遺した貴重な名誉遺産】は永久に浮かばれない。

2)旧日本軍や国家の名誉を考えるなら・・・
 日本軍は、他のどの国も成し得ない立派な遺産を遺し、戦後復興に絶大な貢献をしている。
 それを発信する(攻めに転じ)
なければ、日本軍や国家の名誉は永久に浮かばれない・・・。
  
 攻めの≪第1ラウンド≫は
 原爆被爆の事なら全世界に訴え、オバマ大統領さえも広島に招こうとする国家が、中国や韓国が、彼らの屈辱的歴史の証として慰安婦問題を訴え、慰安婦像を建立する気持ちを何故尊重できないのだろう?。
 日本の総理大臣が像の前で『過ちが二度と繰り返されない様、訴えます・・・』と世界に宣言する方がよほど【積極的平和主義】ではないか・・・?。

それができれば≪第2ラウンド≫は
 日本軍は、次の様な立派な大遺産を遺している。 それは、中国・韓国の戦後復興や、東南アジア諸国の独立に際して、絶対に欠かすことのできない貢献をした。 そんな事実を堂々と世界に発信するチャンスを創る・・・。 何時までも《慰安婦問題》に拘っているより、その方が遥かに未来志向な議論ができる。
 
       ***日本軍の遺した功績の例***
例えば、
◆@日本は、中国、朝鮮及び東南アジア諸国に、(政治、経済、治安、教育・・・などの)当時最新の制度や、(鉄道、電力、道路、灌漑などの)インフラも残した。 それは戦後復興や東南アジア諸国の独立に極めて大きな貢献をした。 しかもそれは、他国(日本以外)の占領国にはあり得ないことである。

◆A当時、弱肉強食の時代には、弱肉側の責任も考えるべきだ。 当時の中・韓の国状では、もし日本が侵略しなくても、他の国に侵略された可能性は十分考えられる。 その場合の功罪を考れば、一概に日本が凶悪国とは言えない筈だ。

◆B日本軍は慰安所を設け、慰安婦募集をしたが、規律や性病対策やなどの管理はされていたと聞いている。 しかし日本以外に占領されていれば、略奪、暴行、強姦などは、恐らく野放しでもっと悲惨な状態になった可能性も十分考えられる・・・。

◆C中国側も、毛沢東軍が蒋介石軍と協力していれば、日本側も大規模な侵略はできなかった筈である。  現在の中国にとって、@毛沢東軍の功罪や、A日本軍の功罪も、もっと広い視野にたって客観的な見方が必要である。


ページトップ