このページは、『個人的な想像等を含めて ”歴史”を考える』のが目的です。
あくまで私 個人の歴史観です。 真相判断は読者側で願います。

日本遺産 ; 呉鎮守府を中心とする歴史観
☆☆☆ 海軍鎮守府物語 ☆☆☆
  ノスタルジック呉
   アレイからす小島
 現在、停泊する沢山の護衛艦が見える海上自衛隊基地は、日本国内に 5ヵ所あります。 その一つが”呉”基地ですが、ここアレイからす小島は 沢山の護衛艦と共に、日本では唯一、目の前に潜水艦も見られる公園です。
 しかし、今は もう少し以前に目を向けて見ましょう。
現在は埋め立てられていますが、この沖合には小島(からす小島)がありました。 波静かな海面と複雑な潮流は小魚にとって絶好の住処です。 ぎらぎら輝く水面の あちらこちらに漁船がたむろし、船頭たちは船縁りを叩きながら歌い、漁をする声が、犬の遠吠えの様に対岸にこだましていました。
 ”呉”(現市街地)は干拓が進んで綿花畑が拓け、入船の丘には ”亀山神社”が威風堂々と平穏な町を見守っていました。 仁方や安浦海岸一面に塩田が拡がり、豊漁や豊作を祝う祭事もあちらこちらで催されていました。 人口も 1万人弱・・・で、当時として普通の のどかな半農半漁の町ですが、しかし町役人達の要望が適い日本海軍鎮守府が来ることになりました。
 それも瀬戸内海の奥深くに位地し、敵艦からの攻撃に最も安全と言うことで、”呉鎮守府” は海軍第一の製造所
」という重要任務が託され、明治中頃から太平洋戦争が終るまで(約60年間)は、日本の近代化を牽引する大役を担いました。

 のどかな町の、あちらこちらから大規模工事の槌音が一斉に高まりました。 綿花畑は広い道路が縦横に走り、大きな橋も次々架けられ、見たこともない巨大なレンガ造りが建ち並びました。 街中は工事する人、工場で働く人、軍役人と兵士、その家族、商売を営む人・・・町の風景は一気に活気づきました。 電気もガスも水道もいち早く繋がりました。 沖合いには新鋭軍艦が停泊し、やがて大勢に見送られて出征する兵士姿も日常になってきました。

明治31年頃の呉軍港
 反面、住民にとっては、生活用地は一方的に買い上げ(移転させ)られ、亀山神社も移転、漁場も制限され、灌漑用水も軍優先に取られてしまい・・・かなり圧迫されました。 そんな変貌は人々にの目にどう映ったでしょう・・・?
 そんな出来事は今は伝説と化し、構築物は殆どが新しい工場群と化しています。 それでもここ《アレイからす小島》には、当時のレンガ造り建物や、300mにわたる《切石組み護岸壁》や、魚雷や弾丸を積出していた桟橋やトロッコレール、英国製クレーンなどがノスタルジックを誘います。
 ここから見渡す風景には、そんな”呉”の航跡と、「
日本の近代化の歴史跡」がちりばめられています。 そんな情景を目の前に停泊する護衛艦や潜水艦群と重ねながら懐古して見るのも一興かと思います。


 日本国家の急変
  黒船来航
 有史以来、一度も外国と戦争経験のない日本国に一変する時が訪れます。

ペリー来航
 いわば”平和ボケ” 状態の日本に、黒船が来航すると(1852)一気に慌ただしくなります。
 江戸幕府は、要求に応じ横浜などの開港を約束しますが、治外法権や不平等条約を次々と結ばせられます。 それは佐幕派や攘夷派の対立を招き、混乱に乗じて、双方に武器を売る外国人商人も活発化し、京の町は一触即発状態になりました。
 しかし一方では、欧米列強と対等の立場で渡り合うには、勝海舟と坂本竜馬らは、《
「日本海軍」の創設》 を提唱し実現を目指しました。 小栗上野介は、欧米文明を採り入れ、我が国も西欧式の艦船を建造する《近代的造船所(横須賀製鉄所)》の計画を提唱し建設にかかりました。

  横須賀製鉄所(造船所)
 江戸幕府が横浜などを開港すると、日本の自己防衛の為、西欧式の艦船を建造する 『近代造船所の必要性』 を説いて計画したのは 幕府の勘定奉行;小栗上野介忠順です。
 早速、フランスの協力を得て周辺測量し、最適地として横須賀の現在地が決定されました。 建設には、技術的役割はフランス人技師;フランスワ・レオンス・ヴェルニーに一任されました。 「鉄を加工する場所」という意味で、幕府は
横須賀製鉄所」という名称を付し、1865年(慶応元年)に起工式が行われました。

 政治的混乱は、その後革命的な経緯で 江戸幕府は大政奉還し、主導権は 明治新政府に引き継がれました。
 明治新政府は「富国強兵」をスローガンに、海軍創設や欧米文明の輸入を、更に強力に推し進め、(横須賀製鉄所は)【横須賀造船所】と改名され、実際は、造船のみならず、土木、建築、動力などの諸技術や工場運営の仕組みも西欧からそっくり導入しました。
 その経験は、日本中の全産業近代化の原点になって、観音崎燈台や富岡製糸場建設の支援を始め、我が国のあらゆる産業近代化に波及していきました。

  明治新政府の引継ぎと、「富国強兵」策推進
 勝海舟や坂本竜馬が、目指した 「日本海軍」設立は、江戸の防御と、唯一貿易港の長崎が拠点でした。
 しかし欧米視察団が、驚愕的に前進している欧米文明を見て帰国すると、明治新政府は軍事技術や、あらゆる近代文明の採り入れに舵をきりました。
 それは、既に立ち上がっている《海軍》や、《横須賀製鉄所》の拡充強化に一層拍車がかかり、鉄道も道路も、各地に近代工場の建設、地下資源、ダム工事等のインフラ整備、政治、教育、銀行、警察制度・・・等々あらゆる方面に文明開化の波は全国に一斉に押し寄せます。
 しかし、地下資源も、食料も、お金も、労力も、科学知識も乏しい日本が、欧米列強と対等に折衝するのは尋常でありません。 欧米の先進文明を輸入する財源や種々工事の労働力捻出には?・・・と、朝鮮政策(征韓論)になると、西欧列強の 無慈悲、冷酷無惨な「植民地政策や奴隷制度」などを視察して帰った大久保利通(政府軍)と、自らが特使とになって対話を進め様とする西郷隆盛との確執は西南戦争に発展しました。 結果は政府軍が勝利し、以後「富国強兵」をスローガンに、我が国近代化政策には一層拍車がかかります。


 
海軍鎮守府設置と近代化への躍動

軍港市日本遺産活用推進協議会

  ”富国強兵”政策と、”海軍鎮守府”設置計画
 明治政府が近代国家建設を目指して、真っ先掲げたスローガンが「富国強兵」策です。
 西欧列強と対等に渡り合うには、”横須賀造船所”の拡充に続き、 艦艇を配備して日本の海域を防備すべく ”
鎮守府”を設置する計画を明治9年に決まりました。
 
鎮守府とは、日本周辺海域を 四つに分割し各海区に 『軍港と、海軍工廠(艦艇の建造、修理、兵器の製造などを行う工場)、更に海軍病院、軍港水道などの施設を設け、運営や監督を行う《海軍本拠地》』です。
 しかし具体的な設置場所については、
敵艦の進入を阻む為の地形や、艦艇の航行・停泊の便、水深、交通・連絡の便、必要物資調達、兵員集めなど諸条件が最も適した港(軍港)として、横須賀は「横須賀造船所」を引き継ぎ、呉と佐世保 は明治19年に、舞鶴は少し遅れて明治22年に設置が決まりました。

  富国強兵政策
 ここで、「富国強兵」は、学制、兵制、税制、殖産興業の4つの政策が打ち出されました。 
学制】は; 近代的な国家を目指すために教育に力を入れ、身分や性別に関係なく国民皆学を目指しました。 それは当時のフランスを見習って制定されたと言われています。
兵制】は; 徴兵令を出して、国民に兵役を課しました。
税制】は; 地租改正で土地に税金を課して国の財政にしました。
殖産興業】は; 軍関係以外の官営事業の整備です。
それは、交通や通信の設備、金融制度、鉱山の事業や工場を開設し
※国が統括します。
金融制度では貨幣の制度も改革します。

 ※「官営事業の整備し国が統括」する事業とは;
 群馬県の富岡製糸場や、紡績会社や、八幡製鉄所や、鉄道(明治5年に新橋ー横浜間の開通後 全国に延伸)など、あらゆる近代産業も、インフラも、各種制度も対象になりました。
 しかし仕事量が増えてくると、民間事業者にも管理を委託し、三井、三菱などの財閥が生まれます。
 こうして一気に ”文明開花” 、国造り改革が本格化していったのが明治時代です。

  横須賀製鉄所と富岡製糸場
 日本の財源確保に当たって、”生糸” は我が国唯一のドル箱(輸出品)だったので、真っ先に注力されました。 富岡製糸場は、明治4年に着工され、建設には横須賀製鉄所の技術経験が利用されています。 例えば富岡製糸場の建物は木骨レンガ造りで、一部には横須賀製鉄所製の刻印のレンガも発掘されています。 また日曜休日制度、健康診断、年功給、有給休暇、複式簿記も採用されていました。人間関係も横須賀製鉄所の首長である;ヴェルニーと、富岡製糸場の首長だった;ブリュナは家族ぐるみの交流があったとのことです。

  各鎮守府の開庁
 
当時、北前船などが日本中を頻繁に往来していたので、情報としては 早くから ”呉”にも伝わっていたでしょう。 しかし実際の動きは明治10年代ではないかと想像します。
 【
横須賀鎮守府】は、前身である横須賀造船所を、引継いで明治17年に開庁しました。
 横須賀造船所は、鉄製品のみならず建築用レンガまで、全て製造する体制を整えていたので、その経験や知識は、【
呉鎮守府と佐世保鎮守府】(何れも
同22年開庁)、【
舞鶴鎮守府】(同34年開庁) にも活かされました。
 各鎮守府には我が国最先端の工業技術や設備が投入されましたが、横須賀海軍工廠は、兄貴格として近代日本の躍動をリードしました。

 軍鎮守府開庁と軍事力拡充強化
 各鎮守府の開庁により、日本の近代化は猛烈にスタートが切られました。 それに呼応する様に朝鮮半島への進出が拡大し、日清戦争の勝利(明治28年)で、朝鮮半島を支配下に入れると、更に10年後には日露戦争にも勝利しました。 そして日本軍(陸軍=関東軍)は満州に入城すると、衝突が起こる度に軍事力を増強し、中国大陸にもまっしぐらに侵出していきました。 海軍各鎮守府も互いに結束して太平洋戦争終結まで、海軍力を発揮しました。
 
 しかしその裏で、日本国内では人口が急増し、 産業も労働者も軍需関連に偏重し、労働者は超重労働を強いられ、しかも若者は徴兵され、軍での出世が最高の名誉となり・・・、それは「(中国への)侵略を抜きでは、食料も生活も成り立たない」状態で・・・、なけなしの国家予算から大枚をはたいて戦艦『大和』を建造し、世界を相手に戦うレールが敷かれていました。

  欧米各国の協力支援
 しかし当時、欧米列強に睨まれた弱国が、植民地支配を逃れるのは至難の時代です。 「大平の眠り」から覚めたばかりの日本が、急速に、大政奉還・明治新政府樹立に漕ぎ着いたのは奇跡です。 それが米欧と交渉し鎮守府建設に漕ぎ着け、超短期間のうちに世界有数の軍事強国に成長していったのは、正に奇跡中の奇跡です。
 しかし日本がそんな軍事強国になる過程では、列強各国から強力な支援があったは間違いありません。
 よちよち歩きの日本が、仮想敵国である欧米列強と対等に折衝する為、海軍創設や先進文明輸入に必死に努力したのは理解しても、現に、それが実現できたのは極めて称賛すべき偉業と言う他ありません。
 しかし、食料も、お金も、地下資源も、労働力も、科学的知識もない日本に、列強各国がそんな軍事指導まで協力してくれたのはどんな思惑だったのか・・・?
 日韓併合・満州・中国に侵攻して持ち帰る利益か ?、日本にロシア封じをさせ様としたか?、列強各国の我欲で日本との貿易利益を求めたか?、・・・それは列強エゴでの要求だったのか?、それとも日本が自発的に侵攻拡大したのか?、・・・
ともかく、日本は満州・中国大陸を舞台に連戦連勝し、遂には行きつく先は太平洋戦争に進む以外、抜け道を失ったと言うのが私の歴史観です。
 しかしそんな歴史経過から、日本は超高度科学技術を培い、それは戦後 平和利用に活かされ、呉市一帯は有数の重工業地帯に、日本は世界第二位の経済大国にまで驚異的な発展を遂げました。
 日本遺産登録された《旧海軍4軍港遺跡》からは、そんな歴史経過を読み取ることができます。


 各鎮守府の辿った歴史経過
    横須賀鎮守府
 明治新政府は、
江戸防衛を主眼に建設中だった 【横須賀製鉄所】を引き継ぎ、明治17年に鎮守府開庁しました. 横須賀製鉄所はその後、横須賀造船所→【横須賀海軍工廠】と改名され、終戦時まで施設増強し、艦船建造規模は拡大し続けました。
 こうして産業近代化に一歩先駆した横須賀の経験は、呉、佐世保、舞鶴鎮守府はもとより、日本の全産業及び工業近代化を牽引しました。  
 横須賀鎮守府の特長は、東京湾の湾口の最狭部に位置し、「首都防備の《絶対使命》がのし掛かっていたことです。 沢山の砲台(東京湾要塞)が設置されました。
 横須賀鎮守府跡は、現在、日本の「海上自衛隊横須賀基地」、及び「米海軍横須賀基地」の両基地になっています。

  東京湾要塞
 (横須賀ー富津間は)東京湾口の最狭部とあって、明治期から太平洋戦争期にかけて、帝都東京と横須賀軍港を防衛の為の要塞や砲台が多数設置されました。 その遺跡は現在も多数残されています。
猿島砲台跡  ※国指定史跡
 猿島は、三笠公園(後述)の沖合1.7kmに浮かぶ東京湾で唯一の自然島です。
幕末、日本近海に欧米の艦船が出没する様になると、幕府は江戸湾防備の為、品川など沿岸各所に砲台を築きました。 猿島にも 1847年に築かれていました。
 しかし対外情勢が逼迫してくると、明治政府は改めて東京湾要塞を建設し、猿島には 24cmカノン砲4門、27cmカノン砲2門が据えられました。
 しかしその後、航空機の時代になると艦船攻撃用砲台は役割を失い、関東大震災の被害で陸軍は廃止処置にしました。 しかしその後海軍に移され、横須賀軍港を護るため高角砲を設置し、そのまま終戦を迎えました。
 島内には、深い緑の木立に囲まれて、レンガ造りの塁道、トンネル、弾薬庫、兵舎、高角砲の台座など数々の貴重な歴史遺産が残っています。それは初期の切り石積みからレンガの積みに、レンガの積み方もフランス式や英国式、後代にはコンクリート造りに、建築技術の発展推移を見ることができます。

千代ヶ碕砲台跡”  ※国指定史跡
 ペリー来航で知られる《浦賀港》(=横須賀市久里浜町浦賀)の入り口に造られた要塞です。
明治25年に着工し東京湾の中では最新鋭の設備をもつ砲台で、石造り、レンガ造り、コンクリート造りがミックスしているのが特長です。
観音崎公園
 ここからは、浦賀水道を行き交う世界の船や対岸の房総半島を一望できます。、
 【観音崎燈台】 ; 明治元年に起工した日本最初の洋式燈台です。 最初はヴェルニーが設計した レンガ造りだったそうですが、その後倒壊し、現在は3代目だそうです。 《高さ19m、8角形の燈台》は日本の「燈台50遷」に選ばれているそうです。
 【観音崎砲台】 ; 明治13年に着工した西洋の築城技術による日本最古の砲台。観音崎燈台も含め観音崎公園一帯は、次々と砲台が並ぶ要塞地帯となりました、
走水低(はしりみずてい)砲台跡
 東京湾で対岸(富津市)との距離が最も狭まる地点に位置し、幕末にも砲台が築かれるなど、東京湾防備の重要地点で、明治政府も観音崎、猿島に続いて砲台建設しました。 しかし危機が迫っていた日清、日露戦争当時も、それ以降も敵と交戦することなく、昭和9年に除籍されましたが、終戦まで可動状態だった為、レンガ造りの弾薬庫や兵舎などの遺構がしっかり残って。
横須賀鎮守府・海軍工廠
◆ 横須賀鎮守府庁舎(現;在日米海軍司令部庁舎)、
 明治23年に完成したが、関東大震災で崩壊し、大正15年に再建されました。鉄骨造り、タイル貼りの大正建築の傑作と言われています。 現在もそのまま、在日米海軍司令部として使用されています。
◆ 海軍工廠ドック(ドライドック)
 日本最古の第1号(=明治4年竣工)から、第6号(=昭和15年竣工まで増設され、最終は第二次大戦中に巨大空母「信濃」の進水まで、数多の艦船を建造しました。 それは現在も米軍基地の中で使用されています
  ヴェルニー公園
 ヴェルニーは、横須賀製鉄所の建設に貢献したフランス人技師です。 公園内のフランス式花壇には、約2,000本のバラが5月中旬と10月中旬に見ごろを迎えます。 港に停泊する護衛艦や潜水艦を眺めながら散歩も楽しめます。公園の隣にあるヴェルニー記念館には、1865年オランダ製で、100年以上使用されていた日本最古のスチームハンマー(蒸気の圧力でハンマーを動かし鉄板を成形加工する巨大工作機械)など、日本が西欧文明を吸収し発展した歴史を物語る展示があります。

  三笠公園・三笠記念艦
 戦艦『三笠』 は、明治35年にイギリスで竣工、日露戦争の日本海海戦では、東郷平八郎司令長官が座乗し、バルチック艦隊に大勝利した旗艦です。 日露戦争終了直後に佐世保沖で爆沈しましたが、浮揚、修理され明治41年に現役復帰しました。 しかし大正13年に関東大震災により破損するも、再び浮揚して大正15年に記念艦として現在地に設置されました。艦内には士官室や長官公室などが復元され、日露戦争当時の資料が展示されている他、30cm主砲や15cm副砲などを間近で見ることができます。最上艦橋には東郷司令長官や、秋山参謀と同じ位置に立って海を眺めることもできます。
 日本海軍が建造・保有した沢山の軍艦の中、現存する軍艦は この”三笠” のみです。


ヴェルニー公園

ヴェルニー公園

三笠記念艦

   呉鎮守府
 そんな経緯で、鎮守府設置決定(明治19年)前後から、”呉”の街は急に慌ただしくなります。 海軍関係者、市街化区画の整備、諸施設建設も一気に動きが始まります。 当然、建設工事をする人、できあがった施設の中で働く人、軍関係の役人、兵士、その家族、彼らを相手に商売に携わる人・・・など人口も急増し・・・呉の街は一気に活気を呈した情景が想像されます。
 ”呉”は、敵攻撃に対する防備は最も安全なので、日本海軍の機能上、最も重要施設が次々建設されていきます。 造船ドックの工事も始まり「日本海軍第一の製造所」と位置づけられました。 一応の施設が整った明治22年に開庁、翌23年に明治天皇を迎えて開庁式が行われました。
 それから数年後には、
日本製第1号艦 ”宮古”の起工から始まりました(竣工は明治32年)。 鉄道も開通し、立て続けに日清戦争も始まり、勝利しました。 勢いに乗って明治38年(1905)には日露戦争も劇的勝利し・・・、明治42(1909)年には市電も開通し、呉界隈は沸きに沸きました。 その頃の海軍予算は 50%以上が”呉” に向けられていたとか・・・聞いています。
 以後、日本軍は 満州事変から日中戦争も勝利の連続で、世界最大戦艦「大和」も建造し、もはや”真珠湾攻撃” をも辞さない勢いになっていました。

  海軍兵学校
 海軍兵学校は明治21年に築地から江田島に移されました。 第1期生は白瀬武夫が、翌々年には秋山真之も主席で卒業し、日清・日露戦争には東郷平八郎の配下で大活躍しましたた。
 後には山本五十六ら海軍トップを続々と輩出しながら、太平洋戦争終結時まで(半世紀以上)君臨し、その影響力は世界3大兵学校に数えられています。 しかし太平洋戦争末期には、岩国や舞鶴や針尾分校が開かれ、急ごしらえの若い兵士たちの多くが、神風特攻機に乗機する際の遺書には胸が締め付けられます。
 現在は海上自衛隊(幹部候補生学校及び第一術科学校)になってますが、そこでは海軍兵学校当時の歴史が見学できます。

  まちの基盤整備
 呉のまちは碁盤目状に道路整備され、着々と新しい街に生まれ変わりました。 電気やガス、水道、医療機関なども次々整備が進み、続いて鉄道建設や市内電車も・・・、”呉”の人口も、日増しに増加し昭和18年(1943)には40万人に膨れ、住家は山の中腹まで這い上りました。 すっかり繁華な近代都市にと変貌をとげました。

呉海軍工廠
◆日本最大の造船ドック
 「帝国海軍第一の製造所」の役割を担って明治24年に第一船渠(ドック)開渠。 1894年(明治27年)には第1号艦 ”宮古”の起工から始まり、太平洋戦争まで(40数年間)に、”長門”や世界最大の”大和”など戦艦;5隻、”赤城”など航空母艦;6隻、巡洋艦;8隻、潜水艦;52隻など計 ;130余隻もの艦船が次々と建造されました。 
 こうして艦船建造で培った技術は、戦後は重工業部門で日本の経済発展に寄与しました。世界最大タンカー(日精丸)もこの造船所で建造されました。
◆兵器工場や製鋼工場など
 造船部に続いて、兵器工場や製鋼工場などの整備が進み、これらを統一して明治36年”呉海軍工廠”が設立されましたが、
造兵部門でも日本最大の兵器工場の役割を担っていました。

  海上自衛隊呉地方総監部第一庁舎(旧呉鎮守府庁舎)

旧呉鎮守府庁舎


司令長官官舎


アレイからす小島
 明治40年竣工。威風堂々としたレンガ造り中央部にドームを配し、レンガと御影石を組み合わせた近代洋風建築に、当時の技術の高さが伺えます。 「鎮守府の街 ”呉”」を偲ぶ代表的建築物です。
総監部内の最も古い建物は明治22年(1889)当時文庫測器庫事務所や、昭和初期デザインの旧通信隊庁舎など沢山のレンガ造り建物が残っています。
 呉に限らず、木造を除く明治から大正時代の建物は、
石造りか、レンガ造りが主流です。 各地に現存する軍関係や官営の大型建造物群(例;東京駅、横浜レンガ倉庫群等々)はレトロな雰囲気を醸しています。 鉄筋コンクリート造りは大正末期頃からです。

  本呉鎮守府司令長官官舎  ※国指定重要文化財
 呉鎮守府の設置に合わせ総2階建て洋館が建てられましたが、明治38年(1905)芸予地震で倒壊し急遽再建されました。 横須賀司令長官官舎と同じ櫻井小太郎設計の和洋折衷の建物です。
和館部は長官と家族の住居として使われ、洋館部は来客用で、内壁には希少な金唐紙が絢爛豪華に使用されています。

  本庄水源地堰堤水道施設  ※国指定重要文化財
 呉鎮守府水道の貯水池として大正7年(1918)に完成。長さ97m、高さ25m。重力式コンクリートダム。完成当時は東洋一の規模を誇りました。 

  アレイからす小島
 約300mの護岸は、間近に停泊する潜水艦が見られる公園(”アレイからす小島”)になっています。 この辺りの建屋は、海軍工廠 造兵部、砲煩部(ほうこうぶ)、水雷部、製鋼部など明治30年代に建てられ、それぞれの開発や製造をしていました。 道路向かいのレンガ倉庫群は、水雷庫で、海側に数カ所突き出た所は魚雷発射試験もされたそうです。 護岸はこれらの工場建設時に築いたものですが、特異な形状に加工された切石の組合せ石段や、切石に金物を打って繋ぐなど当時の珍しい土木技法が見られます。
 南端の古いクレーンは明治34年(1901)に設置され、魚雷の積み下ろしに使われた英国製のクレーンです。
 現潜水艦桟橋には、当時(レンガ倉庫群から)魚雷や弾丸などを積出していたトロッコレールが今も残っています。
 ここアレイからす小島から、《かつて日清〜日露〜太平洋戦争では、呉鎮守府は連合艦隊の主役基地となり、呉湾内に夥しい数の戦艦や はしけや、資材運搬船舶など活気に溢れていた時代》を、想像してみるのも一興です。
  佐世保鎮守府

旧佐世保鎮守府庁舎


丸出山保塁


立神係船池


旧針尾送信所電波塔
軍港市日本遺産活用推進協議会


旧佐世保凱旋記念館
軍港市日本遺産活用推進協議会パンフ

 日本最西部の守り(鎮守府)の本命は長崎でした。 しかし長崎は商港として栄えており、その機能が阻害されるとの反対で、佐世保村に決定されました。 西海国立公園の大小の島々が織りなす多島海と、陸上の山々に囲まれた美しい港町は、明治22年に鎮守府が開庁すると、急速に近代的軍港都市に変貌しました。
 程なく日清戦争が始まり、ロシア情勢も切迫してくると、連合艦隊の集結地となり、佐世保工廠は、主に艦隊への補給基地として軽巡洋艦や駆逐艦、潜水艦などの建造や艦艇修理などを手がけました。 管轄海域は朝鮮半島から南西諸島、台湾などにも拡がりました。 最終的に佐世保市の人口は開庁前の20倍にも膨張し県内第二の都市になりました。
 佐世保鎮守府の特徴は、建築面では、レンガ造りに取って代わり 「鉄筋コンクリート造り技術」の発達です。
 その粋を集めた長波通信施設「旧針尾無線塔」は、日本最古のタワーで、その威容は、現在《佐世保のシンボル》 となっています。 「立神係船池(旧修理艦船繋留場)」は明治期に海軍最大の土木工事で竣工しました。 「旧佐世保鎮守府凱旋記念館(現佐世保市民文化ホール)」、「佐世保海軍工廠ドック」などもコンクリート技術の発展により建築されたものです。

  帝国海軍佐世保鎮守府庁舎
 鎮守府庁舎は、明治22年5月に完成しました。レンガ造り2階建て、左右対称のデザインで、寄せ棟造りの主屋の左右に切妻造りの張り出しが設けられ、窓の上に設けられた漆喰、モルタルによる装飾帯、屋根に突き出した暖炉の煙突がアクセントになっていました。 しかし昭和20年(1945)空襲により消失し、現在、跡地には海上自衛隊の総監部新庁舎が建てられています。 

  平瀬レンガ倉庫群、立神レンガ倉庫群
 艦隊が集結し、補給基地としての佐世保鎮軍港を象徴する倉庫群です。 平瀬地区には食料品や衣類、立神地区には兵器類が保管されました。 初期の「レンガ造り」から「鉄骨レンガ造り」に移行する技術の発達過程がみられます。立神レンガ倉庫の一つは、現在、市民の音楽練習場として利用されています。

  佐世保要塞
 軍港防備の為、佐世保港や市街地を取り巻く島々や山々には、佐世保鎮守府で急速な発展を見たコンクリート造りの砲台が建設されました。 明治34年(1901)に完成した俵ヶ浦町の「丸出山保塁」には、全国的にも珍しい観測所が設けられ今も残されています。

 立神係船池(旧修理艦船繋留所)
 旧修理艦船繋留所として、明治39年(1906)に着工し 11年を費やして完成しました。 幅576m、奥行363mの係船池は、コンクリート技術の発達により常に海水に触れる場所に、コンクリートを大々的に使用した最初の施設です。  それは佐世保港の地形をも変える海軍最大規模の土木工事でした。

  旧佐世保無線電信所施設  ※国指定重要文化財
 5年の歳月を掛けて、大正11年(1922)に建設されました。 日本に現存する唯一の「長波送信施設」です。 高さ136mを誇る3本の自立式巨大電波塔は、レンガ造りに変わる最先端技術として佐世保で発展したコンクリート造りタワーで、近代建築の傑作でした。 現在、佐世保のシンボルになっている日本最古で最大のコンクリートタワーです。 太平洋戦争開戦を告げる「ニイタカヤマノボレ1208」の電信は、ここから発信されたと言われています。

 旧佐世保鎮守府凱旋記念館 ※国登録有形文化財
 第一次大戦の凱旋記念館として大正12年(1923)建てられました。 外壁にはレンガ、内部列柱には鉄筋コンクリートが用いられ、古典的な外観が特徴です。 旧海軍時代には催事が、戦後は米軍のダンスホールや映画館として利用され、現在は市民文化ホールになっています。

  無窮洞(むきゅうどう)
 昭和18年(1943)第二次大戦の最中に教師と生徒たちが掘った巨大な洞窟です。内部は避難中でも授業や生活ができる様に教壇が設けられている他、トイレや炊事場、食料倉庫なども造られています。実際に全校生徒600人が避難したこともあったと言うことです。


  
舞鶴鎮守府
 舞鶴鎮守府は、対ロシア防衛を想定して設けられました。 湾口が狭く防御に適し、多くの艦船が停泊できることで、明治22年(1889)に設置が決まりました。 
 しかし当時は、呉と、佐世保の整備を優先し、舞鶴の軍港建設は 日清戦争勝利により清国から支払われる賠償金を充てた為、開庁は明治34年(1901)まで延び、初代司令長官は東郷平八郎が任命されました。
 その後、舞鶴海軍工廠の建設が始まり、魚雷や弾薬などの赤れんが倉庫が数多く建ち並ぶ軍都として栄えました。 しかし海軍工廠の中心である造船ドックの完成は、日露戦争後になりました。
 舞鶴海軍工廠の特徴は、駆逐艦や水雷艇などの小型艦や水中兵器製造ですが、ここで建造された駆逐艦「島風」と、名を受け継いだ二代目「島風」は当時の世界最速を記録しました。
 第二次世界大戦後は大陸からの日本人の引き上げ港に指定され、昭和20年(1945年)から13年にわたって66万人余りの日本人が故郷の土を踏みました。

舞鶴赤レンガパーク・
   旧舞鶴鎮守府軍需部倉庫  ※国指定重要文化財


赤れんが倉庫群
軍港市日本遺産活用推進協議会パンフ




舞鶴湾 五老スカイタワーより
 舞鶴のレンガ倉庫群は、明治35年(1902)から大正7年(1928)にかけて魚形水雷、予備艦兵器などの武器倉庫群と、軍需品用の需品倉庫群が建設されました。
 現在は12棟の内5棟の赤レンガ倉庫が整備され赤レンガパークとして観光エリアになっています。
 ◆「赤レンガ1号棟」(レンガ博物館)は、旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫です。 現存する日本最古級の鉄骨レンガ造りの、建築技術上、歴史的にも貴重な建物です。 館内には古代四大文明の遺跡から発掘されたレンガや万里の長城のレンガなど、世界各国、さまざまな時代の貴重なレンガが展示されています。 3連棟の二階建てレンガ造り倉庫の前には150mもの石とレンガが敷き詰めた物品運搬用通路が当時の姿のまま残っています。
 ◆「赤レンガ2、3号棟」にはカフェやアートの展示、4、5号棟はイベントスペースとして利用されています。 映画やドラマのロケ地としても使用されることもあるそうです。
 ◆「赤レンガ5号棟」は大正7年(1918)に第三水雷庫として建設された舞鶴鎮守府最大の倉庫で蒸気機関車が直接列車を引いて入ることができました。

 老スカイタワー
 舞鶴の市街地は東部と西部に分かれ、東舞鶴はかつて軍港都市で、現在は造船などの重工業地区。西舞鶴はかつての城下町で、行政機関や商工業地区になっています。
 五老スカイタワーは、市内の中央にある五老ヶ岳山頂に建つ展望タワーです。海抜325mの展望デッキから360度、舞鶴湾(若狭湾国定公園)のリアス式海岸の素晴らしい景色と舞鶴の市街地を一望できます。
 舞鶴湾は、湾口が約700mと狭く、周囲を400メートル級の山々に囲まれ、年間を通して風や波の穏やかな天然の良港です。

  舞鶴引揚記念公園・引揚記念館
 舞鶴港は、戦後は大陸に進駐していた軍人軍属や一般人の日本本土へ引き揚げ指定港になりました。
終戦時ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留された日本人の帰還は、他港が早く指定解除になった為、殆どの引揚者は鶴港から帰還しました。 家族や親族を待ちわびる ”岸壁の母” ならぬ大勢の人々が毎日空しく待ち続けました。

 【引揚記念公園】は、昭和63年(1988)引揚者用の桟橋が設置されていた地区を見下ろす丘に開設され、【舞鶴引揚記念館】は、その一角に、引揚げ関連の資料展示施設として建設されました。  記念館の収蔵品の一部は、『舞鶴への生還 1945−1956シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録』として、ユネスコ記憶遺産の2015年登録されました。

  自衛隊桟橋
 旧舞鶴軍港は、現在は海上自衛隊基地になっています。
桟橋に停泊する自衛隊の艦艇群を間近に見学できるスポットです。 最新の護衛艦「あたご」や「みょうこう」や「ひゅうが」など、巨大な艦艇には迫力があります。 舞鶴湾内を航行する船舶や、歴史を物語る沿岸施設などを重ねて見ると、その風景には何かノスタルジックな風情が漂ってきます。

2
このページの