| ホーム | **** 2003 * 04/07 〜 *******
*** 台 湾 S A R S ***

 注) 以下は 2003-04-07 以後の日記の中から,”台湾 SARS” に関する部分をPick Up したものです。 日常生活の中で 聞いたこと,感じたことなどを書いていますが, もし実際と異なる事や誤解など気づいたことがあれば連絡して下さい。 必要な時は訂正します。



5/26(月)MON〜30(金)FRI
≪ SARS
G 続報 ・・・ ≫
♪ 【 ようやく 沈静化 】 --
ようやく”沈静化”・・・!!。 ここ何日か いずれも病院内での感染以外,乗り物やレストランや,街中で感染するという症例が出ない。 といっても まだ最低 10日間ぐらいは 潜伏期間や,感染しても病院に行かない人等が 一段落しないとまだ油断はできないが・・・,台湾の人々はひとまずホッとしている。
レストランや街にも 急に人が戻って来た。
こうなると 一日も早い台湾への渡航規制勧告の解除が もう,皆 待ち切れない思いでいる。

♪ 【 日本の国会議員団 】 --
それにしても 北京訪問の日本の議員団は どうして隔離要請を受けないのだろう??。
帰国後 2,3日休養したら,もう国会に出ている・・・!!!
先日の台湾人医師問題なら,10日以上過ぎても,まだ消毒だの何だのと,すご〜く範囲拡大しあんなバカ騒ぎした国民がすることなのか・・・???

まさか北京での行動で 感染すているとは思わない。 しかし,それは・・・我々台湾にいる者だってこんなに警戒して人混みには出ないし,チョッと立ち寄っただけの人も,まさか感染しているとは 毛頭思わない。 でも・・・,台湾から入国する者は 事実上10日間は動けない。
日本の特権階級は他人に要求することと,自分達のすることは別なのか・・・,でも つい先日あんなバカ騒ぎした 日本の国民さえも これを笑い顔で見ている・・・・。
日本人は台湾に対して何を考えているのか知らないが ・・・,台湾の中から見ていると・・・そんな日本人(全体)を どこまで信じて好いのか 好くないのか ??



5/19(月)MON〜 23(金)FRI
≪ SARS F 続報 ・・・ ≫
また SARS・・・ !?!? 。 -- それは 少しは嬉しい話や,楽しいことを発信したい。
でも,昨日も書いた様な事情で・・・,しばらくはこんなの話しかない・・・,悪しからず・・・。


♪ 【 記者会見 】 --

所で 5/08〜13 にかけ 台北の”馬偕病院”の医師 (彼は SARS患者の処置には 直接当ってはいなかった様だが・・・) が 関西旅行中に発症し,帰国後SARSと分った。
これには 日本から台湾当局へも猛烈な抗議があった様だが・・・。
しかし・・・,
今時,20人余りもの台北観光ツアー団を 安々と入国させる !?!?! のは おかしい≫と思う。
台湾だって 4/28 以後, SARS発生国から入国するには 10日間の自宅隔離が義務づけている。

しかし,それはともかく,日本でも詳しく報道されていると思うが 台湾側も 5/17謝罪会見を行った。
勿論,この医師 たちの行動については
台湾国内でも批判と注目の的であり,会見は殆どのテレビ局が生放送し,全国民が注視していた・・・。

所がその席で・・・,日経済新聞の記者が,会見の担当団に対し
なぜそんなに急いで旅行する必要があったのか? 日本へ売春にでも 行ったのか・・・ ? と質問した。
これには台湾側も 憮然としたやりとりになった様だが, 別のTV朝日の記者も 椅子から中腰の横柄な態度で
台湾には 中国がSARSを発生させ外国にまで広めたと批難する資格なんかあるのか ??』
と詰め寄り,
少々 険悪になったらしいが, 2人は 相手を無視する態度で退場して行ったそうだ。

これには 今度はテレビを見ていた台湾人も感情を害され,憤慨して かなり問題になっている。
いくらなんでも・・・彼らは日本人代表の様な顔をして・・・,日本人記者のエリート意識か,台湾人に対する侮辱か?偏見か?・・・,そんな意識がムキ出しの態度。

あの台湾医師の問題は問題として・・・,しかし,あの日本人記者の態度には,さすがの台湾人も腹の虫が収まらない 強い憤慨と怒りを感じた人が多い様だ。

ちなみに,日本の週刊誌に ”極楽台湾 ” とか言って 売春天国という内容の記事が掲載され,台湾人に非常な怒りをかこったのは,遂,1年ぐらい前だったと思う。 まだ,そのほとぼりも覚めてない。

日本人記者は いい格好を しようとしたのか, エリート意識なのか,彼らのおごりなのか知らない。
しかし,私の目では 如何にも日本人らしく感じる。 ・・・ 日本人の中には,-- 思いたくはないが・・・
特にアジア人に対し チョッした相手の弱みにつけこみ, これに近い態度をとる人は案外いる。
日本は今の様な状態が続いていれば,立場が逆転するのは それ程 遠い将来ではないだろうと思う。


♪ 【 院内感染 】 --
勿論,私が現地確認した訳ではない。 ニュースや周囲の人からの情報と 殆どは私の想像だが・・・。
私は やっぱり初動段階で 病院側の認識が甘かったというか,意表を衝かれた感じだと思う。
SARS感染者が最初 台北和平病院を訪れた時,診断に手間取ったのか,隠す気も働いたのか・・・,病名確定が遅れた。
そして,この間 多くの病院関係者も 特別な意識をもたず,多数の関係者中心に感染した。
そして院内感染が公表
れた
・・・多分 数日の潜伏期を経て 病院関係者に発症者が出始めた後と考えれば,・・・ もう
その頃には 発症者は 既に別な病院にも診察に行っており,そこでも また,同じことが起った。
そして和平病院に続き 仁済病院でも相次いで沢山の感染者が出てしまった。

こうなると,アッという間に 感染者 から 更に多くの来診者や入院患者にも拡大してしまったのではないか。
しかも殆どの人はまさか自分が感染したとは思わないし,少々熱があっても, 隔離を考えれば人情として,病院をぬけだしたり,家で少し様子を見ながら家族にも感染させたり・・・,中には国内を移動して・・・高雄にも 各地にも飛び火してしまった。 (この辺は勿論私の想像)

そして病院職員の犠牲者や,隔離対象者も 日毎に増える・・・。 これにより医者も看護婦も不足する。
医療関係者の身の危険は益々増大し,加えて(家族も含め)外部の人から日常のつき合いも嫌がられる。
今,一番肝心な 病院関係者は公私両面で大変な苦悩に追い込まれ, ・・・,堪え兼ね,何10人とか,100何十人という単位で退職し・・・,
台湾当局者も病院関係者も, 輪をかけた様に 降って湧く苦悩と 必死で戦っている。
国民は これにエールを送りながら 1日も早い克服を願っている。



♪ 【日本の SARS 報道 】 --
先日の台湾人医師の行動について・・・。
私はNHKワールド以外の日本のテレビ放送を見た訳ではない。 しかし私の関係する多くの人の情報では,あの事件以来,日本のテレビはワイドショー等で早速,大々的な台湾パッシングが始まっているという。
しかし,これが事実なら ・・・,その日本人の 日本人らしさには チョッとがっかりする。

大体あのツアーは・・・そんな人を出国させた国の責任は ないとは言わないが,今この時期,SARS発生国から,台湾のの代表でも何でもない観光団なんかを 安々と入国させる国の方が遥かに責任が大きいと思う。
日本入国の際,この観光団に 10日間の待期要請はしたのだろうか??,そんなものが守られると思ったのだろうか ??
台湾旅行団は 既に 30何カ国から断られいるのだから,行ける所は日本ぐらいしかない・・・,しかも ”まさか 自分が感染している” とは誰も 思わないから,他にも 恐らくかなりのツアーが日本に入って
いるのではないかと思う。

所で,もし 10日間待機とか,入国拒否にすれば 国家として経済的,社会的な損失は莫大 大きい。
しかし,各国はそれを敢えて実施しているのに・・・,日本が自分のルールで入れるのは結構だが・・・,それはやっぱり こんなことも ある程度 考えた上の施策だと思う。

しかし,日本では そんなことには触れず・・・,テレビのワイドショーの中には台湾の代表でも何でもない,台湾社会でも 避難されている人を 正面に出し,それをあたかも台湾代表の様にしたてあげ,『台湾人は SARSの運び屋・・・ 』とか,チョッと咳き払いがでると 『 あぁ〜,台湾SARSにやられたか?・・・』 とか 。。。そんな冗談で笑いを誘う。
こんなの(私は見ていないが) 本当に,本当なのかな・・・ ??
もし,そうだとすれば 日本人 は また 国際社会から遠ざからねばならないだろう。

例えば,先達て,アンマン空港での毎日新聞記者の爆弾事件。 ---彼を 日本人代表にしたてあげて---冗談にしても
全国版 テレビネットなどで 『あっ 日本人だ ,爆弾だ,逃げろ !! 』 などという類いの嘲笑を楽しむ国が・・・,しかも,ずっと信頼し,友好の深い国で,そこには在留邦人も,その児童も大勢いる・・・。
・・・こんな放送の楽しみ方は, 多分,国際社会の一流国はしないと思う。

日本人に優越感をあおる部分だけ放送したり,・・・, また,当該医師が立寄った施設の所有者は汚染の考えられる所を広範囲に拡大し,余りにも関係なさそうな所にまでも消毒するのは結構だが・・・,でもその様子を, あてこすりの様に わざわざテレビに映す必要はない。
日本人はどこの誰より,勤勉だから・・・,恐らく,報道担当者は視聴率を上げることを,施設所有者は格好よくPRを考え・・・,ここぞとばかり自分達の 功(てがら)を示そうとする気が 働く結果とすれば・・・ これは最も日本人らしい所かも知れない。


しかし,私が思う日本人らしさは・・・,間違っているかも知れないが ?・・・
事件の一部だけをとりあげ, 日本だけの悲劇とか,訳の分らない人を台湾代表にしたてあげてパッシングをあおる・・・。
それよりも, むしろ,”院内感染” の項にも書いた様に,次から次と降って湧く 大変な苦難に喘ぎながら,総力をあげて必死に頑張っている台湾当局や,医療関係者,台湾国民に対し,一片の 激励や共感も生まれる様な取り上げ方・・・。 この方が もっと日本人らいと思っている。
そうでないと,大多数の日本国民には本当のことは 伝わらない。


冒頭で書いた通り,私はNHKワールド以外の日本のテレビ放送を見た訳ではない。 複数の友人が伝えてくることや,インターネットでの情報から 思いを書いてみたが,誤解などがあれば指摘して下さい。



5/12(月)MON〜 16(金)FRI
≪ SARSE 続報 ・・・ ≫
SARSの話題を こんなに何回も書かねばならないとは思わなかった。 しかし,最近これ程 沢山の皆さんから心配や,問合わせMailを 貰ったりすれば,やっぱり書かねばならないだろう。

4月下旬,台北の和平病院での院内感染を糸口に 台北は 今,大混乱となった。
何しろ大きな病院で,病院職員や,出入りする人も多い。
その人達はバスにも,タクシーにも,地下鉄にも,レストランにも,デパートにも,別な病院にも ・・・何処にでも 移動する。 そして思いがけない所から ポツポツ発症する。

台北の ”そごう”店員は 台北〜嘉義 を往復した時, バスに乗り合わせた人から感染したらしい 。
≪この店員の発症により ”そごう”は3日間 閉店した≫。
そして あちこちで疑い
のある 症状が出る毎に 接触のあった人や地域帯は消毒され,関係があると見られる住民等は 10日間 自宅待機という隔離処置になる
-- 隔離する方も される方も大変なことだ。。。。でも,病院でも,住宅団地やマンションなどでも・・・集団で閉鎖や隔離がされる。
ちなみに自宅隔離中は時々チェックされ,違反者は 日本円換算で約 20万〜100万円の罰金。


高雄では 今まで落ちついていたが,たまたま台北の SARSを集団発生した馬偕病院で,以前 別な病気で診察を受けた女性が治療のため 高雄市内の ”長庚(チャンカン)病院” に入院した。
所が・・・数日後,その女性は SARSを発症した。
恐らく入院当時, 高雄では発生がなく,患者が馬偕病院を訪れた事実を わざわざ言うとか,聴くとかといった雰囲気にならなかったのではないか・? 。
結果として,多数の病院関係者や患者に院内感染してしまった


こんなことがあって,我社では 台北への出張も原則禁止,台北からの来客も原則入場 お断りにした。
高雄のデパートでも,私の通う中国語スクールでも入る時は必ず体温チェックされる。
私もしばらく映画館には行かない,バスやタクシーはできるだけ乗らない様にする,デパートに行くのも最少限度にする・・・etc。
しかしこれで完全というものでもなさそうだし・・・,台北ほどではないにしてもチョッと憂鬱だ


旅行者などの話では,日本は 台湾や香港や,中国から来た人も,入国時チェックは台北より甘い様だし
全てを入国させ,自宅待機は要請するだけの様だが・・・,チョッと心配だ。




5/05 (月)MON〜 09(金)FRI
≪SARSD 続報・・・ ≫--
毎週々々,憂鬱なことは書きたくないが・・・,しかし台北での感染は更に拡大した。
一度発生すると,接触のあったかなり広範囲の人や地域が隔離対象になる。
学校も何校か休校になったりしている様だし,空港もデパートも人が少ない ・・・。

中国の企業も操業や生産状況は既に 狂って来ている様だし・・・,もし,長引く様なことにでも なれば世界の経済にも大変な変調を来すと思われる。
中国向け輸出が 50%以上を占める我社にとっては,将にアクセルを踏み込んだまま
崖にブチ当る感じだが・・・, 中にはマスクや体温計を扱う業者の様に 思いがけない注文を得る所も
あれば,中国拠点の生産が滞れば思いがけない 起死回生の注文を受ける企業はあるだろう・・・。
しかし
既に中国に多額の投資していて 致命的なことになる企業がかなり 多発する可能性もある

感染は勿論憂鬱だが,伴う経済的,社会的混乱も憂鬱だ。 台湾から 何処にも行けないし,海外営業活動もできない。 私達にとっては帰国もできない・・・。 全て・憂鬱 ・・・!!
ともかく こんな不安や混乱は早く 治まって欲しい。



4/28(月)MON〜 5/02(金)FRI

≪ SARSC 続報 ・・・ ≫
4月 始めの 帰国予定がキャンセルになった時,本来ならゴールデンウィークに帰国も考えたが・・・,
SARS騒ぎが 日毎に白熱し・・・,今は帰国も非歓迎ムード ・・・だ。
そういえば 日本でも海外旅行者は 前年の2/3 とか・・・,チョッと憂慮な事態 !!
こちらでは 香港,中国,シンガポール, etc は 行けないし,その他の国は受け入れてくれない・・・。

会社でも 外来者は全員体温測定する。 社員は自己測定する。
2週間以内に WHO指定の SARS区域を通過して来た人は構内への入場を禁止する。
SARS区域への出張は禁止する。 台湾国内を含むその他の地域も出張は極力自粛する。
その他沢山 ・・・の予防対策をきめた。

中国向け輸出が 50%
以上の我社にとっては,契約は解除されるし・・,急転直下の出来事。
営業活動をしようにも・・・ SARS区域には行けないし,それ以外の国は話し会いを拒否される。
それでも,従業員が 600人もいる会社で 誰かが感染して
操業停止にでもなれば,
それこそ もっと・・・計り知れない損失になり兼ねないのだから・・・。



4/21(月)MON〜 25(金)FRI
≪ SARS
B 続報 ・・・ ≫
このところずっと SARS(新型肺炎)の話題が TOPニュースになっている。
台北では ”和平病院” で一度に 10数人の感染が発生し,直ちに 病院内にいた 患者,職員,見舞い客等全員 ≒1000人を, 一律に 隔離処置をしたため 大変な問題になっている。
その時 たまたま見舞いに来ていた人も・・・,突然,10日間 病院から外に出られなくなったのだから・・・。
中には閉鎖している時,何処かからくぐり抜けた人もいるということで問題になっている様だ。

それに早速 4/28からは 香港や 中国など 発生国からの来台者(帰国者も含む)は 入国させない,若しくは入国しても 10日間は 隔離されるということだから・・・,実質的には鎖国だ。 長引けば社会的,経済的影響も計り知れないことになりそうだ・・・が,やむを得ないだろう。
違反者には罰則付き,故意に違反して感染させた場合は(死刑を含む)莫大な刑が課せられる。

日本でもチョッと・・・こんなことが てきぱきとできるかな・・・?。
ともかく,台湾でも蔓延防止のための 必死の処置が為されている。



4/14(月)MON〜 18(金)FRI
♪ 【SARS
A ・・・ 】--
最近は特に変ったこともなく過している。 しかしSARS については 先週書いた通りだが・・・,日本でもどの会社も出張は厳しく規制されている様で,出張して来る人はゼロになった。
こちらに出張していた人については 慌てて日本に帰らせたり,会社によっては帰国しても しばらく 『自宅待機』 とか・・・中々大変な様だ。
台湾でも最近は 新しい感染の報告は 下火になっているが, この様な状況では・・・,私も 今度の 帰省は 何時できるか チョッと憂鬱だ 。



4/07 (月)MON〜11 (金)FRI
♪ 【 SARS@・・・】--
日本でも 連日話題になっている様だが,これは台湾でも同じだ。
中国大陸,香港,シンガポール当りで発生が拡大した頃から, この方面への渡航自粛などは いち早く勧告され実施されているが,何しろ世界は あまりにも密接に結びついている・・・。
日本で 今のところ 発生がないのは 偶然なのか? それとも・・・?。

しかし,台湾は これに気がついたその時には・・・ もう汚染地区になっていた。
それで発生数は 現在 20数 人と 聞いている。 高雄では 最近までなかったが・・・,つい最近になって擬似 2人 発生した。

航空便は 台湾〜香港便は 既にかなりの減便になっている。
それに,日本始め 他国から 台湾にも渡航の際は 十分注意の勧告が出ている様だし・・・,訪れて来る人も激減し, 国際空港の利用客は平生の何分の一かになっているそうだ。
こんな状態が長引けば・・・,世界の経済には,また 大きな足かせになり兼ねない・・・!!

勿論,台湾でも,蔓延を食い止めるために連日必死の対策や,広報活動も行われている。
会社でも,香港から来た人や,帰った人とは・・・とか,身体に異常を感じた時は・・・とか,休暇云々とか・・・。
しかし,日本でも 今,私が帰国したら・・・,やっぱり 招かれざる客だろう・・・。